XM(XMTrading)の全てが分かる!安全性や評判、ボーナス、入出金など

最も日本人に人気のある海外FXブローカー「XM」(XMTrading)にまつわる全ての情報をまとめました。

会社の信頼性や提供されている口座の種類、取引銘柄とスプレッド、ボーナスのしくみ、入出金方法、プラットフォーム、口座の作り方、それにアフィリエイトプログラムなどなど…。隅から隅まで詳しくかつ分かりやすく解説します。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • 完璧な日本語対応

今なら3,000円分取引ボーナスが貰える!

XMTradingで口座開設する

XMの総合評価・メリット・デメリット

XMTradingの10項目評価
ライセンスの信頼性
(3.0)
資金の保全体制
(3.0)
日本語サポート
(5.0)
約定力と取引の透明性
(4.0)
取引銘柄の豊富さ
(4.0)
スプレッドの狭さ
(2.0)
レバレッジの高さ
(5.0)
ボーナス
(5.0)
入金・出金の整備
(3.0)
取引プラットフォームの充実度
(3.0)
総合評価
(3.7)

XMTradingの強みはボーナスの豊富さ日本語によるサポート体制です。

「口座開設ボーナス」に加えて入金に対して付与される「入金ボーナス」、それから取引するたびにポイントが貯まる「XMロイヤルティプログラム」など、日本のFX業者とは比にならないほどボーナスが充実しています。

また、海外ブローカーながら日本語対応はほぼ完璧で、自身の名前と住所がローマ字表記で書ければ戸惑うことはありません。Webサイトはしっかり日本語化されていますし、オンラインチャットやメールを通じて日本人スタッフへ直接問い合わせることもできます。そのほかにも、日々のマーケットレポートが日本語ブログにて配信されていたり、秋又龍志氏によるFXウェビナーが月に数回行われていたりと、日本人向けサービスがとにかく豊富です。

デメリットを挙げるとすれば、他社に比べスプレッドが広いこと取得しているセーシェルライセンスの信頼性がイマイチな点。

約定力は申し分ないもののスタンダード口座とマイクロ口座はスプレッドが開きやすい傾向があるため、スキャルピングにはあまり向いていません。激狭スプレッドが魅力のECN口座「XM Zero口座」も用意されていますが、他社のECN口座に比べ手数料が割高なので、コストを最重視する方はTradeviewやAXIORYのECN口座を検討したほうが良いでしょう。

XMTrading(xmtrading.com)の本社にあたるXM(xm.com)は比較的信頼性の高いキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス(登録番号:HE 322690)を保有しているものの、XMTradingが所属しているセーシェル金融庁は業者に対し信託保全を義務付けていないため、セーシェルライセンスのハードルはそれほど高くありません。XMでは独自にAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険に加入することで最大100万ドル = 約1.2億円が補償されるとしているため、これはつまり事実上の信託保全になりますが、正式に信託保全を導入しているキプロスXMのほうが信頼できることは確かです。

XMの会社概要と安全性

セーシェル共和国に籍を置くXMTrading

XMはキプロス共和国に籍を置く(xm.com)と各国の支社から成り立っており、日本人トレーダーが属するのはセーシェル籍のXMTrading(xmtrading.com)です。正確にいうと、「XM」というのはキプロス法人の「Trading Point Holdings Ltd,」のブランド名、「XMTrading」は「Tradexfin Limited」のブランド名になります。

運営会社の変更について
2019年9月末より、XMTradingの運営会社がセーシェル法人のTrading Point (Seychelles) Limitedから同国法人Tradexfin Limitedへ変わりました。ライセンス内容等には変更ありません。

XM本社の所在地はキプロス共和国のリマソールです。(12 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor, 3042 Limassol, Cyprus)

XMTradingはセーシェルのエデン島にオフィスを構えています。
(F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles)

ライセンスの信頼性と資金の保全性

XM(xm.com)はキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス(登録番号:HE 322690)、日本人向けにサービスを提供するXMTrading(xmtrading.com)はセーシェル金融庁のライセンス(登録番号:SD010)を保有しています。

キプロスライセンスとセーシェルライセンスを比べるうえで焦点となるのが信託保全の有無です。キプロスライセンスの場合、キプロス証券取引委員会(CySEC)が定める投資家補償基金(IFC)への加入を義務付けており、顧客一人あたり最大2万ユーロ = 約250万円まで補償されます。万が一業者が倒産しても2万ユーロまでは確実に戻ってくるということです。

対するセーシェルライセンスは信託保全が義務付けられていないため、保険に加入するか否かは業者側の判断に委ねられるわけです。XMTradingはどうかといえば、独自にAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険に加入しており、最大100万ドル = 約1.2億円までカバーされますので、事実上の信託保全といっても差し支えないでしょう。

ちなみに、分別管理先はイギリスを代表するメガバンク「バークレイズ銀行」で、顧客が預けた資金はすべてここに保管されています。

取引の透明性

「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」のすべてにおいてNDD(ノン・ディーリング・ディスク)方式が採用されているので、顧客にとって不利なレート操作や呑み行為は起こりえません。

スタンダード口座とマイクロ口座はSTP(Straight Through Processing)方式なのに対し、XM Zero口座はECN(Electronic Communications Network)方式で、若干の違いはありますが、いずれもディーラー不在のクリーンな取引形態です。

ゼロカットと追証の有無

「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」のすべてにおいてゼロカットシステムが設けられているため、追証(おいしょう)は発生せず、もし残高がマイナスになってもXM側が補填してくれます。つまり、元本以上の損失を被る恐れがありません。

最近のビッグイベントといえば、2015年1月のスイスフランショックや2016年6月のイギリスEU離脱国民投票などがありましたが、XMはマイナス残高となった口座すべてに対しゼロカットを執行しており、「追証の支払いを求められた」という例は一件たりとも報告されていません。

追証(おいしょう)とは
追証とは「追加証拠金」の略称で、証拠金の維持率が一定水準を下回った場合に発生する追加の担保で、ひとたび発生した追証は必ず支払わなければなりません。

一方の日本国内はというと、金融商品取引法によって「顧客の損失を業者が補填する行為」つまりゼロカットそのものが禁止されているため、国内業者には例外なく追証が設けられています。

もし相場の急変動に巻き込まれてロスカットが遅れてしまうと、元本を超える不意の損失が生まれる恐れがあり、もしそうなれば“借金”というかたちで自身の身に降りかかることになりますから、ゼロカットがあって越したことはありませんね。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • 完璧な日本語対応

今なら3,000円分取引ボーナスが貰える!

XMTradingで口座開設する

XMが提供する口座の種類は3つ

XMでは様々なニーズに応えるべく、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3口座を用意しています。

スタンダード マイクロ XM Zero
口座の方式 STP方式 STP方式 ECN方式
1lotの価値 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
最小ロット 0.01(1,000通貨) MT4:0.01(10通貨)
MT5:0.1(100通貨)
0.01(1,000通貨)
最大ロット 50(500万通貨) 100(10万通貨) 50(500万通貨)
レバレッジ 1倍~888倍 1倍~888倍 1倍~500倍
スプレッド やや広い やや広い 狭い
手数料 無し 無し 往復10通貨
追証 無し 無し 無し
ゼロカット あり あり あり
ロスカット水準 20%以下 20%以下 20%以下
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル
信託保全 あり あり あり
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり あり 無し
ロイヤルティプログラム あり あり 無し
FX通貨ペア 57種類 57種類 56種類
株式現物指数 18種類 18種類 無し
株式先物指数 12種類 12種類 無し
コモディティ 8種類 8種類 無し
貴金属 4種類 4種類 2種類
エネルギー 5種類 5種類 無し
仮想通貨 5種類 5種類 無し
XMの口座の違いと選び方|スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座

スタンダード口座

3口座のうち最も選ばれているのが「スタンダード口座」で、当サイト独自に調査ではXMトレーダーの約70%がスタンダード口座を利用しています。

FX通貨ペアのみならず貴金属CFDや株式指数CFD、コモディティCFDといった数多くの銘柄を取引でき、1回のロットは1,000通貨~500万通貨と幅広いので、トレードスタイルや資金量問わず万人にお奨めできます。また、諸々のボーナスを余すことなく受け取れるのも魅力です。

取引形態はSTP方式なので取引手数料は掛かりませんが、スプレッドはやや広め。分足レベルのスキャルピングをやるなら後述するZero口座のほうが良いかもしれません。

マイクロ口座

「マイクロ口座」は1ロットの価値がスタンダード口座の100分の1 = 1ロット1,000通貨になる口座で、MT4ではたった0.01ロット = 10通貨から、MT5では0.1ロット = 100通貨からエントリーできます。

1ロットあたりの価値と最小・最大ロット以外はスタンダード口座と同じスペックで、最大レバレッジやスプレッド、約定率、ゼロカット、ボーナス等はスタンダードと何ら変わりありません。

ただし、MetaTraderの配信レートとチャートはスタンダードとは別物で、銘柄名の末尾に「micro」と付いているもののみ取引できます。例えば、皆さんお馴染みの米ドル/日本円「USDJPY」をマイクロ口座で取引する場合は「USDJPYmicro」を選ぶことになります。

気をつけたいのは、すべての銘柄が1/100で取引できる訳ではないという点。「micro」が付いているのはFXの通貨ペアとゴールド、シルバーのみで、 株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDに関してはスタンダード口座と同じ扱いです。

XM Zero口座

「XM Zero口座」はスプレッドがめちゃくちゃ狭い口座で、「Zero」の名のとおり米ドル/日本円やユーロ/米ドルといったメジャーな通貨ペアでは最小0pips~のスプレッドを提示しています。

スプレッドに業者の取り分は含まれてないため、スプレッドとは別に「取引手数料」が発生するものの、スプレッドと手数料を合算したトータルコストはスタンダード・マイクロ口座よりも安上がりなのです。

通貨ペア スタンダード口座
最小スプ/平均スプ
XM Zero口座
平均スプ/手数料込
AUDJPY 1.0pips /
3.3pips
1.2pips /
2.0pips
AUDUSD 1.0pips /
1.9pips
0.3pips /
1.0pips
CADJPY 1.3pips /
3.4pips
1.4pips /
2.2pips
CHFJPY 1.0pips /
3.0pips
0.7pips /
1.8pips
EURJPY 1.0pips /
2.5pips
0.2pips /
1.4pips
EURUSD 1.0pips /
1.6pips
0.0pips /
1.1pips
GBPJPY 1.0pips /
3.3pips
0.9pips /
1.4pips
GBPUSD 1.0pips /
2.1pips
0.3pips /
1.6pips
NZDJPY 1.4pips /
5.0pips
2.5pips /
3.2pips
NZDUSD 1.1pips /
2.9pips
1.0pips /
1.7pips
USDCAD 1.0pips /
2.1pips
0.6pips /
1.9pips
USDCHF 1.0pips /
2.3pips
0.5pips /
1.5pips
USDJPY 1.0pips /
1.6pips
0.1pips /
1.2pips

スタンダード口座とマイクロ口座はSTP方式をとっているのに対し、このXM Zero口座はECN方式。ECNはブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する仕組みで、売買が自動的にマッチングされるため、今ある取引方式としては最もクリーンでフェアな仕組みです。

マイクロ口座同様、他のZero口座もMetaTrader上では独立したチャートが配信されており、末尾に「.」が付いたもののみ取引できます。例えば、米ドル/日本円「USDJPY」なら「USDJPY.」、ゴールド/米ドルのCFD「GOLD」なら「GOLD.」を選ぶことになります。ただし取引できるのはFX通貨ペアとゴールド、シルバーのみ。株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDは取引できないので注意しましょう。

XM Zero口座はスプレッド還元型なので、受け取れるボーナスは口座開設3,000ボーナスのみ。入金ボーナスとXMロイヤルティプログラムは対象外です。

スプレッドが狭いXM ZERO(ゼロ)口座ってどう?長所短所や手数料など

XMの取扱銘柄とスプレッド一覧

XMが取り扱う通貨ペア、貴金属CFD、株式指数CFD、コモディティCFD、原油CFD、仮想通貨CFDをすべてまとめました。それぞれのタブをクリックすると表を開けます↓

通貨ペア スタンダード口座
マイクロ口座
最小スプ/平均スプ
XM Zero口座
最小スプ/平均スプ
AUDCAD 2.1pips / 3.0pips 0.0pips / 1.0pips
AUDCHF 1.2pips / 3.5pips 0.0pips / 1.5pips
AUDJPY 1.0pips / 3.3pips 0.0pips / 1.2pips
AUDNZD 1.4pips / 4.5pips 0.0pips / 1.7pips
AUDUSD 1.0pips / 1.9pips 0.0pips / 0.3pips
CADCHF 2.4pips / 3.7pips 0.0pips / 1.9pips
CADJPY 1.3pips / 3.4pips 0.0pips / 1.4pips
CHFJPY 1.0pips / 3.0pips 0.0pips / 0.7pips
CHFSGD 2.2pips / 25.0pips 0.0pips / 17.5pips
EURAUD 2.3pips / 3.8pips 0.0pips / 1.0pips
EURCAD 2.1pips / 3.5pips 0.0pips / 0.9pips
EURCHF 1.7pips / 2.7pips 0.0pips / 0.8pips
EURDKK 10.6pips / 27.0pips 0.0pips / 11.5pips
EURGBP 1.0pips / 2.0pips 0.0pips / 0.4pips
EURHKD 7.4pips / 33.0pips 0.0pips / 15.0pips
EURHUF 8.0pips / 30.0pips 0.0pips / 20.2pips
EURJPY 1.0pips / 2.5pips 0.0pips / 0.2pips
EURNOK 13.5pips / 69.7pips 0.0pips / 43.8pips
EURNZD 2.8pips / 6.7pips 0.0pips / 3.0pips
EURPLN 29.9pips / 50.0pips 0.0pips / 27.9pips
EURRUB 16.5pips / 42.0pips 0.0pips / 28.0pips
EURSEK 17.7pips / 55.0pips 0.0pips / 30.0pips
EURSGD 2.4pips / 16.3pips 0.0pips / 9.0pips
EURTRY 11.1pips / 75.0pips 0.0pips / 65.0pips
EURUSD 1.0pips / 1.6pips 0.0pips / 0.1pips
EURZAR 24.8pips / 150.0pips 0.0pips / 95.0pips
GBPAUD 1.2pips / 3.9pips 0.0pips / 2.0pips
GBPCAD 1.5pips / 5.2pips 0.0pips / 2.2pips
GBPCHF 1.6pips / 4.0pips 0.0pips / 1.9pips
GBPDKK 3.0pips / 55.0pips 0.0pips / 33.9pips
GBPJPY 1.0pips / 3.3pips 0.0pips / 0.9pips
GBPNOK 13.0pips / 78.0pips 0.0pips / 61.0pips
GBPNZD 3.5pips / 8.0pips 0.0pips / 4.0pips
GBPSEK 33.0pips / 85.0pips 0.0pips / 47.0pips
GBPSGD 4.2pips / 28.0pips 0.0pips / 13.0pips
GBPUSD 1.0pips / 2.1pips 0.0pips / 0.3pips
NZDCAD 3.1pips / 4.5pips 0.0pips / 1.9pips
NZDCHF 2.1pips / 5.0pips 0.0pips / 2.7pips
NZDJPY 1.4pips / 5.0pips 0.0pips / 2.5pips
NZDSGD 3.4pips / 25.0pips 0.0pips / 18.3pips
NZDUSD 1.1pips / 2.9pips 0.0pips / 1.0pips
SGDJPY 3.3pips / 20.0pips 0.0pips / 14.3pips
USDCAD 1.0pips / 2.1pips 0.0pips / 0.6pips
USDCHF 1.0pips / 2.3pips 0.0pips / 0.5pips
USDCNH 1.8pips / 3.0pips 配信無し
USDDKK 2.0pips / 34.0pips 0.0pips / 7.9pips
USDHKD 1.1pips / 2.8pips 0.0pips / 0.5pips
USDHUF 10.1pips / 25.0pips 0.0pips / 14.0pips
USDJPY 1.0pips / 1.6pips 0.0pips / 0.1pips
USDMXN 17.0pips / 110.0pips 0.0pips / 50.0pips
USDNOK 5.2pips / 55.0pips 0.0pips / 35.6pips
USDPLN 7.2pips / 37.0pips 0.0pips / 24.0pips
USDRUB 18.5pips / 420.0pips 0.0pips / 290.0pips
USDSEK 2.9pips / 49.0pips 0.0pips / 30.3pips
USDSGD 3.0pips / 20.0pips 0.0pips / 13.6pips
USDTRY 6.9pips / 65.0pips 0.0pips / 50.0pips
USDZAR 11.5pips / 16.0pips 0.0pips / 9.6pips
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
平均スプレッド
XM Zero口座
平均スプレッド
GOLD 3.5pips 2.1pips
SILVER 3.6pips 2.0pips
PALL 40.0pips 配信無し
PLAT 30.0pips 配信無し
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
平均スプレッド
XM Zero口座
AUS200Cash 30.0pips 配信無し
CHI50Cash 1.6pips 配信無し
EU50Cash 21.0pips 配信無し
FRA40Cash 18.0pips 配信無し
GER30Cash 20.0pips 配信無し
GRE20Cash 30.0pips 配信無し
HK50Cash 1.4pips 配信無し
IT40Cash 1.3pips 配信無し
JP225Cash 1.2pips 配信無し
NETH25Cash 6.0pips 配信無し
POL20Cash 0.3pips 配信無し
SINGCash 6.0pips 配信無し
SPAIN35Cash 0.7pips 配信無し
SWI20Cash 50.0pips 配信無し
UK100Cash 15.0pips 配信無し
US100Cash 20.0pips 配信無し
US30Cash 20.0pips 配信無し
US500Cash 7.0pips 配信無し
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
平均スプレッド
XM Zero口座
CHI50 1.8pips 配信無し
EU50 30.0pips 配信無し
FRA40 30.0pips 配信無し
GER30 40.0pips 配信無し
JP225 2.4pips 配信無し
SING 9.5pips 配信無し
SWI20 60.0pips 配信無し
UK100 30.0pips 配信無し
US100 45.0pips 配信無し
US30 60.0pips 配信無し
US500 11.0pips 配信無し
USDX 5.0pips 配信無し
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
平均スプレッド
XM Zero口座
COCOA 1.1pips 配信無し
COFFE 7.0pips 配信無し
CORN 22.0pips 配信無し
COTTO 4.4pips 配信無し
HGCOP 7.0pips 配信無し
SBEAN 1.0pips 配信無し
SUGAR 0.8pips 配信無し
WHEAT 12.0pips 配信無し
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
平均スプレッド
XM Zero口座
BRENT 0.5pips 配信無し
GSOIL 15.0pips 配信無し
NGAS 3.0pips 配信無し
OIL 0.5pips 配信無し
OILMn 0.5pips 配信無し
銘柄 スタンダード口座
マイクロ口座
最小スプレッド
XM Zero口座
BTCUSD 50pips 配信無し
DSHUSD 3pips 配信無し
ETHUSD 3pips 配信無し
LTCUSD 0.4pips 配信無し
XRPUSD 0.002pips 配信無し

XMが提供する豊富なボーナスたち

XM最大の醍醐味ともいえるのが多彩なボーナス。新規層からリピーターまで、顧客全員に対し太っ腹なボーナスを提供しています。

口座開設3,000円ボーナス

まずは「口座開設3,000円ボーナス」で、リアル口座を開設して口座の有効化(本人確認書類のアップロード)を行うだけで3,000円分のボーナスクレジットが貰えるというもの。

3,000円という額は決して多くありませんが、リアルマネーを入金せずとも貰うことができ、しかも生み出した利益分は無条件で出金できるので、ボーナス目当てでお試しがてら口座作ってみるというのもアリです。

口座開設ボーナスの概要や注意点、貰うまでの手順などは別記事「XMの口座開設3000円ボーナスについて徹底解説|貰い方や注意点など」をお読みください。

XMの口座開設3000円ボーナスについて徹底解説|貰い方や注意点など

100%入金ボーナス + 20%入金ボーナス

入金に対してもボーナスが付与されます。

XMでは「最大500ドルの100%入金ボーナス」に加え「最大4,500ドルの20%入金ボーナス」が用意されています。500ドルの入金までは100%ボーナスが提供され、その後は(最大22,500ドルの入金に対し)4,500ドルまでの20%ボーナスが付与され、 2つ合わせると最大5,000ドルのボーナスが貰える計算に。

限度額以内であれば何度も受け取ることが可能で、まとめて入金しても小分けで入金しても同額のボーナスが貰えます。例えば一度に3万円を振り込んでも、1万円を3回に分けて振り込んでも、結果的に3万円分のボーナスが付与されるというわけです。

500ドルまでであれば、入金額の2倍の金額で取引を始められるので、少資金で取り組みたい初心者トレーダーにとっては非常に心強いサービス。5万円入金すれば10万円分の証拠金から始められるのですから。

ただし、XM Zero口座は入金ボーナスの対象外ですので注意しましょう。

XMの100%・20%入金ボーナスについて徹底解説|貰い方や注意点など

bitwalletロイヤルティ10%入金ボーナス (現在停止中)

注意
2019年4月5日より、XMからbitwallet(ビットウォレット)への利益分(入金額以上)の出金ができなくなったことに伴い、「bitwalletロイヤルティ10%入金ボーナス」も取りやめとなってしまいました。現在本ボーナスは提供されていませんので、ご注意ください。

2019年1月30日より新たに追加された「bitwalletロイヤルティ入金ボーナス」は、bitwalletで入金すると入金額の10%のボーナスが付与されるというもので、2019年1月30日以降のbitwallet入金額の累計が20,000ドルに達するまで回数無制限で貰えます。

ただし、こちらもXM Zero口座は対象外なので注意しましょう。

扱いとしては100%ボーナスと20%ボーナスに次ぐ第3のボーナスということになりますが、従来の入金ボーナスと併用するかたちとなります。100%ボーナスと併用すると100% + 10% = 110%、20%ボーナスと併用すると20% + 10% = 30%のボーナスが付きます。

XMロイヤルティプログラム

取引する度に還元されるというのもXMの面白いところ。「XMロイヤルティプログラム」は、取引する度にロット量(枚数)に応じたXMP(XMポイント)が貰えるポイント還元システムです。

ただし、こちらもXM Zero口座対象外なので注意しましょう。

取引を続けると「ロイヤルティステータス」が上がり、そのステータスによってポイントの獲得率が上がります。つまり取引を続ければ続けるほど還元率が高まり、間接的にスプレッドを狭くできるというわけです。

ステータス 獲得率 証拠金換算 昇格条件
EXECUTIVE 10XMP/1ロット $3.3/1ロット
GOLD 13XMP/1ロット $3.9/1ロット 30日取引
DIAMOND 16XMP/1ロット $5.3/1ロット 60日取引
ELITE 20XMP/1ロット $6.6/1ロット 100日取引

貯まったXMPはボーナスもしくは現金へ交換できますが、証拠金(ボーナスクレジット)へ換える場合はXMP ÷ 3米ドルに対し、リアルマネーへ換える場合はXMP ÷ 40米ドル。例えば3,000XMPを交換する場合、証拠金に換えれば1,000ドルになりますが、リアルマネーに換えてしまうとわずか75ドルにしかなりません。

リアルマネーへ交換すれば直接引き出すことができるため、一見そちらのほうがお得にも思えますが、トレーダーの本質は資金を増やすこと。XMPを貯めてはボーナスへ換え→ボーナスを元手に利益を生み出し→そして更にXMPを貯めるというサイクルを繰り返せば、みるみるうちに利益が積み重なっていきます。

取引するたび還元されるXMロイヤルティプログラムの仕組みと活用法
  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • 完璧な日本語対応

今なら3,000円分取引ボーナスが貰える!

XMTradingで口座開設する

XMの入出金方法

海外ブローカーが日本人向けにサービスを提供するうえで最大のネックとなるのが入出金問題で、金融庁の圧力をうまくかわしながらルートを確立していかねばならず、結果として国内業者よりも手続きが煩わしくなりがちです。

それでも最近はずいぶんと改善され、SticPayや国内銀行振り込みならスムーズな入金が可能ですし、出金に関してもSticPay口座さえ持っていれば完璧です。

最もスムーズなSticPayによる入出金

最も確実かつスムーズなのは、入金出金共にオンライン決済サービス「SticPay」へ一本化させるという方法。

SticPayとは
SticPay(スティックペイ)とは、XM、AXIORY、Tradeviewなどで採用されているオンライン決済サービスで、日本円などの法定通貨の保管および送金に加え、法定通貨の売買もできる万能サービスです。

キプロス共和国のSTIC FINANCIAL LTDが運営元ですが、サイトはすべて日本語化されているので、英語に不慣れな方でも安心して使えます。また、銀聯(UnionPay)ブランドのプリペイドカード「STIC Card」を発行しており、SticPayの残高をカードにチャージすれば日本国内のセブンATMから日本円を引き出すことができます。

SticPay口座へ資金を入金する際、カード入金の場合は入金額に対する3.85%もの手数料が取られてしまいますが、国内銀行振込なら1%という良心的な手数料で済みますし、ビットコイン入金ならキャンペーン中につき手数料無料です。

ただ、SticPay口座から出金する際の手数料はbitwalletよりも割高で、国内銀行送金の場合は1.5%+800円、海外送金の場合は5%、STIC Cardへのチャージは1.3%、ビットコインの場合は1%が引かれます。

XMとSticPay間の手数料はXM側がすべて負担してくれるため、XMの口座へ振り込んだり、逆にSticPayの口座へ引き出す際の手数料は無料です。気になる反映時間ですが、入金(SticPay→XM)はリアルタイムで反映、出金(XM→SticPay)に関しても24営業時間内に処理されます。

bitwalletによる入出金

bitwallet(旧mybitwallet)も非常に優れたオンライン決済サービスで、SticPayよりも手数料が安いのが魅力ですが、残念ながら利益分をbitwalletで引き出すことができません。(カードやビットコインと同じような扱い)

以前はbitwalletでも入金分と利益分をそっくり引き出せたのですが、2019年4月5日に予告なくXM側のルールが変わり、bitwalletではbitwalletで入金した分までしか引き出せなくなりました。

カードによる入出金

クレジット・デビットカードによる入手金にも対応していますが、Mastercard、Diners、AMEXには対応しておらず、現状で使えるのはVISAとMaestroとJCBのみ。JCBカードに関しては入金のみの一方通行で、出金は出来ません。

XMへの入金はショッピング枠で決済されるため、出金については「返金」という扱いで処理されます。入金分を「商品代金」に置き換えて考えてみると、商品代金以上の返金というのはあり得ない話なので、入金額以上の出金はできない仕組みとなっているのです。残った利益分は海外送金もしくはbitwalletまたは銀行送金で引き出さねばなりません。

銀行振込による入金、海外送金による出金

国内銀行振り込み(Local Banks)による入金、海外送金(International Wire Transfer)による出金にも対応しています。

入金する際は、XMが指定する代行業者の三井住友口座宛に振り込みます。10,000円に満たない場合は980円の手数料が引かれ、10,000円以上であれば手数料無料となりますが、いずれにせよ振込手数料は顧客が負担することになります。

銀行が営業している平日の9:00から15:00の間に振り込めば、1時間以内には着金しますが、営業時間ギリギリだと翌営業日へ持ち越される可能性があるため注意しましょう。言うまでもなく、休日および営業時間外の振込はできません。

出金に関しては海外送金(International Wire Transfer)になります。「送金手数料」はXM側が負担してくれますが、受け取り銀行で掛かる「被仕向手数料」と中継銀行で掛かる「コルレス手数料」、それから「円為替取扱手数料」や「振込手数料」は顧客が負担しなくてはなりません。

海外銀行送金の場合、通常は一回の送金あたり5,000円ほど掛かりますが、ソニー銀行と住信SBIネット銀行は被仕向手数料がタダなので2,500円に抑えられます。多額を引き出すならSticPayよりも断然安上がりです。海外FXからの海外送金を受け取るなら、ソニー銀行か住信のどちらかは開設しておきましょう。

ビットコインによる入出金

ビットコインによる入出金にも対応していますが、カード同様にビットコインで入金した額以上は引き出せないので、実用性は低いでしょう。

また、ビットコイン相場は変動が大きいため、着金する間に大きな相場変動に巻き込まれて不意の損が生じる恐れがあります。

XMで使える取引プラットフォーム

XMでは取引プラットフォームとしてMetaQuotes Software社の「MetaTrader」(メタトレーダー)を採用しており、スタンダード口座・マイクロ口座・Zero口座すべてMT4とMT5に対応しています。自身にとって使いやすいほうを選びましょう。

もともとはWindows用のアプリケーションですが、XMではMacへ対応させた「Mac対応MT4」と「Mac対応MT5」を配信しているので、Macユーザーの方でも安心して取引を始められます。

また、Webブラウザ上で動作する「MT4 WebTrader」と「MT5 WebTrader」も配信されており、こちらはOS問わず動作します。

XMのリアル口座の開設方法

口座開設フォームの入力方法や口座の有効化(必要書類の提出)、3,000円分ウェルカムボーナスの受け取り方など、XMの口座開設にまつわるすべては別記事「誰でも分かるXMの口座開設|記入例、書類提出、ボーナスの貰い方など」にまとめてありますので、ここでは有効化前までの工程をざっくりご案内します。

  • STEP 1
    リアル口座フォームへアクセス

    まずはXMのリアル口座開設フォームへアクセス↓

    注意
    取引量に応じて現金がキャッシュバックされる、いわゆる「キャッシュバックサイト」や「IB業者」を介して口座を開設した場合、XMからのボーナスは一切受け取れなくなりますのでくれぐれも注意しましょう。確実にボーナスを受け取りたい方は、必ず上のボタンから手続きしてください。
  • STEP 2
    基本的な個人情報を入力
    「山田 太郎」さんの場合は下のお名前「太郎」をローマ字表記で「Taro」と入力します。
    「山田 太郎」さんの場合は上のお名前(苗字)「山田」をローマ字表記で「Yamada」と入力します。
    現時点で日本に住んでいる方は「Japan」を、海外に住んでいる方は当該の国名を選びます。
    自身の希望言語を設定します。日本語で使いたい方は「日本語を」、それ以外の言語で使いたい方は当該の言語を選びます。
    自身の携帯電話番号または固定電話番号を国番号有りで入力します。日本の国番号は「+81」ですので、元の電話番号の先頭にある「0」を「+81」に置き換えましょう。例えば「080-1234-5678」なら、「+818012345678」になります。
    XMからのメールを受信するためのメールアドレスを入力します。厄介なセールスメール等は一切届きませんのでご安心を。
  • STEP 3
    取引プラットフォームと口座タイプを選ぶ

    取引プラットフォームと口座のタイプを選び、「ステップ2へ進む」ボタンをクリック。

    取引プラットフォームは「MT4」または「MT5」のどちらかを選べます。

    ナンバリングのとおり、MT4(MetaTrader4)よりもMT5(MetaTrader 5)のほうが新しく、機能も操作性もアップグレードされていますので、特にこだわりが無ければMT5をおすすめします。ただ、インジケータやEAの互換性が無く、MT4のインジケータをMT5へ引き継ぐことは出来ませんので、従来のインジケータをそのまま使い続けたい方はMT4を選びましょう。

    XMの口座タイプは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3つ。それぞれの口座の特徴や選び方については、別記事「XMの口座の違いと選び方|スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座」に詳しくまとめていますので、ぜひそちらも併せてお読みください。

    XMの口座の違いと選び方|スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座
  • STEP 4
    名前のフリガナと生年月日を入力

    名前のフリガナと生年月日を入力していきます。

    「山田 太郎」さんの場合は下のお名前「太郎」のフリガナ「タロウ」を入力します。
    「山田 太郎」さんの場合は上のお名前(苗字)「山田」のフリガナ「ヤマダ」を入力します。
    自身の生年月日を「日」「月」「年」の順で入力します。例えば、1990年12月23日生まれの方の場合は、「23」「12」」「1990」となります。
  • STEP 5
    住所を英語(ローマ字)で入力

    自身が現時点で住んでいる住所を英語(ローマ字)表記で入力し、納税義務のある米国市民か否かを選びます。

    都道府県名をローマ字表記で入力します。例↓

    • 東京都にお住まいの方:「Tokyo」もしくは「Tokyo-to」
    • 北海道にお住まいの方:「Hokkaido」
    • 大阪府にお住まいの方:「Osaka」もしくは「Osaka-fu」
    • 福岡県にお住まいの方:「Fukuoka」もしくは「Fukuoka-ken」
    番地と建物の部屋番号を「#部屋番号, 番地」というフォーマットで入力します。建物名は記載しなくても構いません。例↓

    • 「3丁目2-1 為替マンション456号室」:「#456, 3-2-1」
    • 「1丁目2-18」:「1-2-18」
    • 「5丁目3-8 金融ビル7階」:「7F, 5-3-8」
    市区町村名や地区名などを入力します。日本語表記の住所の逆順になりますので、注意しましょう。例↓

    • 「千代田区 霞ヶ関」:「Kasumigaseki, Chiyoda-ku」
    • 「札幌市 中央区 大通西」:「Odori-nishi, Chuo-ku, Sapporo-shi」
    • 「神戸市 須磨区 若宮町」:「Wakamiya-cho, Suma-ku, Kobe-shi」
  • STEP 6
    口座の基本通貨、レバレッジ、ボーナス受け取り可否を選択

    口座の基本通貨、最大レバレッジ、口座ボーナスの受け取り可否を選びます。

    取引口座の基本通貨を設定します。「JPY」を選ぶと日本円建て、「USD」を選ぶと米ドル建て、「EUR」を選ぶとユーロ建てになります。
    取引口座の最大レバレッジを設定します。スタンダード口座とマイクロ口座の場合は1倍~888倍の16段階、XM Zero口座の場合は1倍~500倍の15段階から選べます。また、口座開設後も自由に変更できるため、迷ったら最大レバレッジ(888倍 or 500倍)を選んでおけば間違いありません。
    開設する取引口座でボーナスを受け取るか否かを決めます。「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選ばなと一切のボーナスが貰えなくなりますので注意しましょう。
  • STEP 7
    投資家情報を入力

    自身の投資額や投資の経験、職業、学歴、所得等に関する簡単なアンケートです。「投資額」以外はトレードおよび審査に何ら影響しませんので、適当に答えても構いません。

    自身がどのくらいの額を口座に振り込むか、おおまかに答えます。20,000ドル = 約220万円以上を選ぶとレバレッジが最大200倍、100,000ドル = 約1,100万円以上を選ぶと最大100倍に制限されますので、「0 – 20,000」を選ぶのが無難です。
    トレードのスタイルや目的に応じて適当なものを選びましょう。(審査には全く影響しません)
    自身に当てはまる適当な雇用形態を選びましょう。(審査には全く影響しません)
    自身に当てはまる適当な業種を選びましょう。(審査には全く影響しません)
    自身に当てはまる適当な学歴を選びましょう。(審査には全く影響しません)
    自身の年間の所得を選びましょう。(審査には全く影響しません)
    自身の現時点での純資産を選びましょう。(審査には全く影響しません)
  • STEP 8
    口座のパスワードを入力して開設

    最後に、自分だけが知っている口座のパスワードを2回設定し、「確認」の欄にチェックを入れてから「リアル口座開設」ボタンをクリック。セキュリティ性を高めるため、パスワードは英小文字・英大文字・数字の3種類の文字をすべて含める必要があります。

    注意
    ここで設定したパスワードは、マイページへのログインおよびMetaTraderでの口座ログインの際に求められますので、必ずメモを残しておくようにしましょう。
  • STEP 9
    メールの確認・口座IDと取引サーバーの確認

    口座開設ボタンを押すと「XMでのリアル口座開設、おめでとうございます。」というページが表示され、同時に「Eメールをご確認下さい」というメールが届きます。

    メール内の「Eメールアドレスをご確認下さい。」ボタンをクリック。

    メールアドレスの認証が完了すると、「XMTradingへようこそ」というメールが届きますので、メール内に記載されているMT4 / MT5の口座IDと取引サーバー名を必ずメモしましょう。

    XMのログインページへアクセスし、メール内に記載されている口座IDと口座開設時に設定したパスワードを入力後、「ログイン」ボタンを押すとマイページへアクセスできるはずです。

    ひとまず口座の開設作業は終わりましたが、「口座の有効化」という作業を済ませないとボーナスを受け取ったり出金することが出来ません。

    以降の手順に関しては別記事「誰でも分かるXMの口座開設|記入例、書類提出、ボーナスの貰い方など」にて分かりやすく解説していますので、そちらをお読みいただければと思います。

    誰でも分かるXMの口座開設|記入例、書類提出、ボーナスの貰い方など

アフィリエイトプログラム「XMパートナー」

XMは「XMパートナー」というアフィリエイトプログラムにも力を入れており、FXブローカーとしてはトップクラスの利率を誇ります。2019年2月1日までに支払われた報酬額はなんと384,140,309.03米ドル、日本円にすると400億円超え。

多くのWebサイトでXMが称揚されている背景には、少なからずこのアフィリエイトプログラムが影響しているでしょうし、事実このサイトもその恩恵にあやかっています。

国内のFX業者の場合、誰かがアフィリエイトリンクを踏んで口座開設してから取引したタイミングで報酬が発生するという形態が多く、一回につき1~2万円という高い報酬が得られます。しかし一回限りなのが悩ましいところで、新規顧客をどんどん呼び込まなければなりません。

一方のXMパートナーはライフタイムコミッション(日本語訳では生涯永続報酬)という報酬形態で、一度リンクを踏んで登録してくれたトレーダーが取引を行うたびに報酬が発生し続けます。つまり、トレーダーが取引すればするほどアフィリエイターも儲かる仕組みなのです。

XMパートナーの報酬は1ロット(10万通貨)あたりOドルというかたちで決まり、口座開設して尚かつ取引を行った「アクティブトレーダー」の人数によって報酬額が変わります。初めは3ドル/1ロットですが、アクティブトレーダーが31人を超えると10ドル/1ロットにまで跳ね上がり、同じ取引量でも3倍以上の報酬を得られるようになります。

アクティブトレーダー報酬額
1~2人3ドル/1ロット
3~10人7ドル/1ロット
11~30人9ドル/1ロット
31人~10ドル/1ロット

XMのアフィリエイターがやるべきことは“勝ちトレーダー”をXMへ誘導する、もしくはXMを通じてトレーダーを育てることです。トレーダーもXMもアフィリエイターも儲かる、皆が得する構造を創り上げましょう。

XMアフィリエイトの真実|桁違いに稼げる理由と具体的な取り組み方