読者が選んだ海外FX業者ランキングBEST 7

XMの口座の違いと選び方|スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座

海外FXブローカー「XM」(XMTrading)が提供する3口座「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」それぞれの特徴や違い、選び方のポイントなどを分かりやすくまとめました。

「これからXMで口座開設したいけど、はたしてどの口座を選ぶべきか?」「各口座の違いがよくわからない」という方はぜひ参考にしてください。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • WindowsとMac両対応のMT4・MT5
  • 完璧な日本語対応

XMの取引口座は3種類

XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3つの取引口座が用意されています。まずはそれぞれの仕様を確認してみましょう↓

スタンダード マイクロ XM Zero
口座の方式 STP方式 STP方式 ECN方式
1lotの価値 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
最小ロット 0.01(1,000通貨) MT4:0.01(10通貨)
MT5:0.1(100通貨)
0.01(1,000通貨)
最大ロット 50(500万通貨) 100(10万通貨) 50(500万通貨)
レバレッジ 1倍~888倍 1倍~888倍 1倍~500倍
スプレッド やや広い やや広い 狭い
手数料 無し 無し 往復10通貨
追証 無し 無し 無し
ゼロカット あり あり あり
ロスカット水準 20%以下 20%以下 20%以下
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル
信託保全 あり あり あり
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり あり 無し
ロイヤルティプログラム あり あり 無し
FX通貨ペア 57種類 57種類 56種類
株式現物指数 18種類 18種類 無し
株式先物指数 12種類 12種類 無し
コモディティ 8種類 8種類 無し
貴金属 4種類 4種類 2種類
エネルギー 5種類 5種類 無し
仮想通貨 5種類 5種類 無し

スタンダード口座:シンプルかつボーナス豊富

最も選ばれている「スタンダード口座」は、その名のとおりXMの基本形ともいうべき口座で、NDD方式のうちの一つ「STP方式」を採用しています。

DD(ディーリング・ディスク)方式
DD(ディーリング・ディスク)方式とは、トレーダーとカバー先金融機関の間に業者のディーラーが介在する取引形態を指しており、トレーダー対ディーラーとディーラー対カバー先機関という2つの層で成り立っています。国内のFX業者の多くはこのDD方式を採用しています。

ブラックボックスとも言うべき収益構造によりスプレッドを狭くできる反面、トレーダーとディーラーで利益が相反してしまうという問題点を抱えており、業者側による“呑み行為”も成立してしまうことから透明性が確保されているとは言い難いです。

NDD (ノン・ディーリング・ディスク)方式
NDD(ノン・ディーリング・ディスク)方式は、業者側のシステムで自動処理されるディーラー不在のシステムで、海外のFXブローカーではこれが主流。一般的にDDよりも取引コスト(スプレッドなど)が嵩むというデメリットはあるものの取引の透明性は十二分に確保されています。

厳密に言えば、NDDは「STP」「ECN」の2つに分けられます。STP方式は一旦業者のサーバーを介すのに対し、ECNはブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する仕組みで、後者のECNのほうがより透明性に長けています。

3口座のうち取引できる銘柄が最も多く、1回のロットは1,000通貨~500万通貨と幅広いので、トレードスタイルや資金量問わず万人におすすめできる口座です。

また、諸々のボーナスを余すことなく受け取れるのも魅力です。

マイクロ口座:1ロットの価値が1/100でわずか10通貨から取引できる

「マイクロ口座」は、1ロットの価値がスタンダード口座の100分の1 = 1ロット1,000通貨となっており、MT4ではたった0.01ロット = 10通貨から、MT5では0.1ロット = 100通貨からエントリーできます。

最大レバレッジやスプレッド、約定率、ゼロカット、ボーナス等はスタンダード口座と何ら変わらず、スタンダード口座との違いは1ロットあたりの価値と最小ロット・最大ロットのみ。取引方式もスタンダード同様にSTP方式をとっています。

ただし、MetaTraderの配信レートとチャートはスタンダードとは別物で、銘柄名の末尾に「micro」と付いているもののみ取引できます。例えば、皆さんお馴染みの米ドル/日本円「USDJPY」をマイクロ口座で取引する場合は「USDJPYmicro」を選ぶことになります。

気をつけたいのは、すべての銘柄が1/100で取引できる訳ではないという点。「micro」が付いているのはFXの通貨ペアとゴールド、シルバーのみで、 株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDに関してはスタンダード口座と同じ扱いです。

XM Zero口座:ボーナスは少ないがスプレッドとコストが安い

「XM Zero口座」はスタンダードおよびマイクロ口座とは似ても似つかない口座で、ボーナスが少ない代わりにスプレッドとトータルコストが抑えられています。

XM Zero口座も他の2口座同様にNDDですが、STPではなく「ECN方式」を採用。ECNはブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する仕組みで、売買が自動的にマッチングされるため、今ある取引方式としては最もクリーンでフェアな仕組みです。

STP方式のスタンダード・マイクロ口座に比べスプレッドが狭く、「Zero」の名のとおり米ドル/日本円やユーロ/米ドルといったメジャーな通貨ペアでは最小0pips~のスプレッドを提示しています。スプレッドに業者の取り分は含まれてないため、スプレッドとは別に「取引手数料」が設けられていますが、スプレッドと手数料を合算したトータルコストはスタンダード・マイクロ口座よりも安上がりとなります。

XM Zero口座の取引手数料
スプレッドとは別に、注文時と決済時にそれぞれ5通貨 = 往復10通貨の手数料が上乗せされます。“10通貨”とはペア左側の通貨で、米ドル/日本円の場合は往復10ドル、ユーロ/米ドルの場合は往復10ユーロ、ポンド/ドルの場合は往復10ポンド。

マイクロ口座同様、他のZero口座もMetaTrader上では独立したチャートが配信されており、末尾に「.」が付いたもののみ取引できます。例えば、米ドル/日本円「USDJPY」なら「USDJPY.」、ゴールド/米ドルのCFD「GOLD」なら「GOLD.」を選ぶことになります。ただし取引できるのはFX通貨ペアとゴールド、シルバーのみ。株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDは取引できないので注意しましょう。

XM Zero口座はスプレッド還元型なので、受け取れるボーナスは口座開設3,000ボーナスのみ。入金ボーナスとXMロイヤルティプログラムは対象外です。

用途と資金量から考えるXMの口座選び

少額で取り組みたい駆け出しトレーダーは「マイクロ口座」を選ぼう

数千円や1万円程度の少額から取り組みたい駆け出しトレーダーさんに向いているのは、ずばり「マイクロ口座」。0.01ロット = 10通貨または0.1ロット = 100通貨という小ロットからポジションを持てるので、感触を掴むにはもってこいですし、ロット(枚数)を緻密にコントロールしたいという方にもおすすめです。

1ポジションの上限は100ロット = 10万通貨で、これはつまりスタンダード口座の1ロットにあたります。 10万通貨以上を持つ場合は分けて注文しなくてはならないため、数十万円・数百万円の証拠金でハイレバトレード…となると物足りないかもしれません。

10万円以上で初めたいなら「スタンダード口座」がベスト

ある程度まとまった証拠金(10万円以上)を元手にトレードするなら、「スタンダード口座」がベストです。最小0.01ロット = 1,000通貨から最大50ロット = 500万通貨まで持てるので、初心者さんでも大口トレーダーでも不自由なく馴染めるでしょう。

ただ、証拠金が2万ドル = 約220万円を超えると最大レバレッジが888倍から200倍へ、10万ドル = 約1,100万円を超えると100倍へ制限されるので、超えそうなタイミングで出金するよう心がけましょう。とはいえ、国内の25倍に比べれば100倍・200倍でも十分ハイレバですから、トレードスキルと資金管理を極めれば非常に効率良く資金を膨らますことができます。

スキャルやるなら、あえて「XM Zero口座」を選ばなくても良い

極小スプレッドとトータルコストの安さ、そして取引の透明性が魅力的な「XM Zero口座」は、短期売買(スキャルピング)に向いており、ボーナス還元よりもスプレッド還元を求める方にはおすすめの口座です。

スタンダード口座やマイクロ口座の最低入金額がたった5ドルなのに対し、このXM Zero口座は100ドルと高めですが、他社のECN口座は総じてそれ以上。「少資金でECN口座を試してみたい」という方にもおすすめできます。

しかしながら、より条件の良いECN口座を提供している海外ブローカーも存在するので、単に口座のスペックで考えるならばあえてXM Zeroに拘る必要はありません。現状で取引手数料が最も安いのはTradeview ForexのECN口座で、XMの半額の往復5ドル(0.5pips相当)に抑えられています。

追加口座を作って複数運用もOK

XMでは一人で最大8つまで取引口座を持てますので、初めに作った口座が気に入らなくても後から変更できます。「マイクロ口座を使い始めたけど、スタンダード口座へ乗り換えたい」「スタンダード口座と並行してXM Zero口座でスキャルピングを極めたい」という方は、ぜひ追加口座を作って使い分けてみてください。

既に口座の有効化(本人確認書類と住所確認書類の提出)を済ませてあれば、2口座以降は書類提出無しで簡単に作れます。XMのマイページへログイン後、「追加口座を開設する」というボタンをクリックして手続きを進めましょう。

追加口座の開設方法や複数口座の活用術などは、別記事「XM追加口座ガイド|複数口座の作り方や活用事例、注意点について」にて超詳しくまとめています。

XM追加口座ガイド|複数口座の作り方や活用事例、注意点について

口座選びにまつわるQ&A

当サイト独自の調査によると、最も人気なのはスタンダード口座で、XMトレーダーの約70%が利用しています。次いでマイクロ口座が約20%、Zero口座は10%未満です。
一度開設した口座のタイプを変えることは出来ません。しかし、XMでは同一名義で最大8つまで口座を持てますので、XMのマイページより追加口座を開設しましょう。
はい。スタンダード口座、マイクロ口座、XM Zero口座全てにおいてゼロカット制度が導入されているので、追証は発生せず、口座資金以上の損失や借金が生まれる恐れはありません。
MetaTrader 5(MT5)はMetaTrader 4(MT4)のアップグレード版で、選べる分足・時間足が倍以上に増えているほか、操作性や動作スピードも改善されていますので、特に理由が無い限りMT5を選ぶべきです。

しかし、プログラム言語がMQL4からMQL5へ変わったことで、インジケータやEAは互換性が無くなってしまいました。どうしてもMT4用のインジ・EAを使いたい方はMT4を、MT5用のものを使いたい方はMT5を選びましょう。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • WindowsとMac両対応のMT4・MT5
  • 完璧な日本語対応