FXGTで新規登録3,000円ボーナス開催中!

スプレッドと手数料が安い!スキャルに適した海外ECN口座オススメ3選

海外FX業者の多くはNDD方式の一つである「STP方式」を採用していますが、スキャルピングを行うならスプレッドが狭くて約定力が高い「ECN方式」を選ぶべきでしょう。

ECN方式とは、ブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムElectronic Communications Networkへ直結する取引方式で、一般投資家向けの取引形態としては最もクリーンな取引形態です。スプレッドとは別に取引手数料が発生するものの、スプレッドが限りなくゼロに近いため、スプレッドと手数料を合算した“実質スプレッド”はSTP方式よりも安上がりとなります。

この記事では、スキャルピングに適した海外ECN口座を3つピックアップ。ランキング形式でご紹介します。

1位:AXIORY / ナノスプレッド口座

AXIORY公式サイト:https://www.axiory.com/jp/

快適なECN口座をお探しの方へ、真っ先に薦めたいのが「AXIORY」という業者が用意する「ナノスプレッド口座」です。取引プラットフォームは「MetaTrader 4」と「cTrader」のどちらかを選べます。

AXIORYの会社概要と評価

AXIORYは2007年に設立された海外FXブローカーで、運営会社Axiory Global Ltdはベリーズ国際金融サービス委員会に認可されています。(登録番号:IFSC/60/255/TS/18)

総合的にみて非常にバランスの良いブローカーで、取引の透明性と公平性はもちろんのこと、上限無しの全額信託保全も大いに評価できますし、日本語サポートも完璧です。2019年3月には送金代行サービス「Curfex」を介した国内銀行入金・出金にも対応し、オンライン決済サービス「SticPay」とも提携するなど、入出金ルートがしっかり整備されている点も評価できます。

弱点らしい弱点といえば、ボーナスやキャンペーン等が一切用意されていないことでしょうか。そのかわりスプレッドや取引手数料は業界最安級なので、「ボーナスは要らないけど取引コストを極力抑えたい」という方にはうってつけの業者です。

関連記事:AXIORY完全ガイド:実際の評判や長所短所など徹底的にまとめました

口座タイプスタンダード口座ナノスプレッド口座
プラットフォームMT4cTraderMT4cTrader
口座の方式STP方式ECN方式
1lotの価値10万通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)
最大ロット1,000(1億通貨)
レバレッジ口座残高10万ドル未満:1倍~400倍
口座残高10万~20万ドル:1倍~300倍
口座残高20万ドル以上:1倍~200倍
スプレッド標準的狭い
手数料無し往復6ドル(0.6pips相当)
注文板の利用不可不可不可
取扱銘柄61種の通貨ペア、10種の株式指数CFD、4種の貴金属CFD、2種の原油CFD
追証無し
ゼロカットあり
ロスカット水準20%以下
最低入金額200ドル (20,000円)
信託保全ユニオン銀行(Union Bank AG)での全額信託保全
ボーナス無し
AXIORYの10項目評価
ライセンスの信頼性
(3.0)
資金の保全体制
(5.0)
日本語サポート
(5.0)
約定力と取引の透明性
(5.0)
取引銘柄の豊富さ
(4.0)
スプレッドの狭さ
(5.0)
レバレッジの高さ
(4.0)
ボーナス
(0.0)
入金・出金の整備
(5.0)
取引プラットフォームの充実度
(5.0)
総合評価
(4.1)

取引手数料は1ロット(10万通貨)あたり6ドル

AXIORYナノスプレッド口座の取引手数料は、1ロット(10万通貨)の取引あたり往復6ドルです。値幅換算すると0.6pipsほどに相当します。

USDJPY(ドル円)やEURUSD(ユーロドル)は平均0.2pipsという限りなくゼロに近いスプレッドで、これに0.6pips相当の取引手数料を上乗せしても実質スプレッドはたった0.8pipsに収まります。ちなみに、GBPUSD(ポンドドル)は平均スプレッド0.5pipsで実質スプレッド1.1pips、GBPJPY(ポンド円)は平均スプレッド0.7pipsで実質スプレッド1.3pipsほど。

その他取り扱い銘柄と各スプレッドは、別記事「AXIORYの取扱銘柄(FX通貨ペア/貴金属/株式/オイル)スプレッド一覧」にまとめてあります。

スペックめちゃくちゃ優秀なのに敷居が低い

口座残高が100,000ドル(約1,100万円)を超えなければ最大400倍というハイレバレッジで取引できるほか、ロスカット水準は20%と低めで、1回の注文で発注できる量は最小0.01ロット(1,000通貨)~最大1,000ロット(1億通貨)と実に幅広いです。

しかも、口座へ預けた資金はカタールのドーハ銀行(Doha Bank)で全額信託保全されるので、万が一AXIORYが倒産しても全額戻ってきます。

口座と業者のスペックはめちゃくちゃ優秀でありながら、驚くべきは最低入金額が200ドル(20,000円)とめちゃくちゃ敷居が低いということ。単にスペックだけ見ればTradeview ForexのcTrader口座(後述)へ軍配が上がるものの、そちらは少なくとも1,000ドルの資金が必要なため、馴染みやすさの観点から今回の記事ではAXIORYを「1位」としました。

  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • クリーンなNDD方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • 全額信託保全
  • 国内銀行振込・出金OK

100%日本語で簡単口座開設!

AXIORYで口座開設する AXIORYの詳細へ

2位:Tradeview Forex / cTrader口座

Tradeview Forex公式サイト:https://www.tradeviewforex.com/ja/

続いておすすめしたいのが、「Tradeview Forex」の「cTrader口座」。

AXIORYよりもやや敷居高めですが、口座のスペックは同等かそれ以上で、当ブログでは「現状最強の海外FX口座」と評しています。(別記事:TradeviewのcTrader ECN口座が現状最強の海外FX口座である理由)

Tradeview Forexの会社概要と評価

Tradeview Forexは2004年に設立された海外FXブローカーで、運営会社Tradeview LTDはケイマン諸島金融庁(CIMA)に認可されています。(登録番号:585163)

強みはマーケット直結のECN方式が故の透明性と約定力の高さ業界最安級の取引コスト、それから信頼性の高いケイマンライセンス

Tradeviewは取引環境に全力を注いでいるブローカーです。「MT4 ILC口座」「MT5口座」「cTrader口座」はいずれもマーケット直結のECN方式で、個人投資家向けとしては最もクリーンな環境で取引できるほか、スプレッドは平均0.2pipsと激狭で、取引手数料も1ロット(10万通貨)あたり往復5ドルと業界最安水準。

ECN方式のみならず、「MT4 X Leverage スタンダード口座」と「Viking口座」という2つのSTP口座も提供していて、計5つの口座から自身の用途とトレードスタイルに合うものをチョイスできます。

ブローカーの信頼性をはかるうえで最重要ともいえるのが金融ライセンス。Tradeviewは世界トップクラスの信頼性を誇るケイマン諸島金融庁のライセンスを取得しており、XMが保有しているキプロス(CySEC)ライセンスおよびセーシェルライセンスやAXIORYが保有しているベリーズライセンスよりも強力です。資金管理もそのライセンスに見合った盤石なもので、スペイン最大のサンタンデール銀行での分別管理に加え、最大35,000ドルの信託保全にも入っています。

デメリットらしいデメリットは殆ど見当たらないブローカーですが、唯一難点(?)を挙げるとすればボーナスが一切用意されていないことと、最小入金額が1,000ドル~でやや敷居が高いこと。

関連記事:Tradeviewの全てを解説!ライセンスや評判、信託保全、入出金など

X LeverageMT4 ILCMT5cTraderViking
プラットフォームMT4MT4MT5cTraderViking
取引方式STP方式ECN方式(?)ECN方式ECN方式STP方式
口座通貨JPY、USD、EUR、GBP、AUD、CAD、CHF、MXN、ZAR
最小ロット0.01 (1,000通貨)0.1 (10,000通貨)0.1 (10,000通貨)0.01 (1,000通貨)0.1 (10,000通貨)
レバレッジ最大500倍最大200倍最大100倍最大200~400倍最大200~400倍
平均スプレッド
(メジャーペア)
2.0pips0.2pips0.2pips0.2pips0.6pips
取引手数料無し$5 / 1ロット$5 / 1ロット$5 / 1ロット$6 / 1ロット
追証無し無し無し無し無し
ゼロカットありありありありあり
ロスカット水準100%100%100%100%100%
信託保全最大$35,000最大$35,000最大$35,000最大$35,000最大$35,000
ボーナス無し無し無し無し無し
最低入金額$100~$1,000~$1,000~$1,000~$1,000~
FX通貨ペア62種類62種類62種類41種類41種類
貴金属CFD3種類3種類3種類2種類2種類
仮想通貨CFD6種類6種類6種類6種類6種類
株式CFD71種類(別途「Tradeview株式」の口座が必要)
Tradeview Forexの10項目評価
ライセンスの信頼性
(5.0)
資金の保全体制
(5.0)
日本語サポート
(4.0)
約定力と取引の透明性
(5.0)
取引銘柄の豊富さ
(4.0)
スプレッドの狭さ
(5.0)
レバレッジの高さ
(3.0)
ボーナス
(0.0)
入金・出金の整備
(4.0)
取引プラットフォームの充実度
(5.0)
総合評価
(4.0)

最低入金額1,000ドル~とやや高め

“上級者向け”と記したワケはズバリ取引手数料にあり、先程紹介したAXIORYは200ドル(20,000円)から始められるのに対し、Tradeviewは最低入金額1,000ドル(約100,000円)とやや高めに設定されています。

Tradeview側としてもある程度のスキルと知識を持ったトレーダーを呼び込みたい意図があるのでしょうか。

業界最安の取引手数料1ロットあたり5ドル

取引手数料は海外ECN口座としては恐らく最安水準で、1ロット(10万通貨)の取引あたり往復5ドルです。値幅換算すると0.5pipsほどに相当します。

USDJPY(ドル円)やEURUSD(ユーロドル)は平均0.2pipsという限りなくゼロに近いスプレッドで、これに0.5pips相当の取引手数料を上乗せしても実質スプレッドはたった0.7pipsに収まります。GBPUSD(ポンドドル)は平均スプレッド0.5pipsで実質スプレッド1.0pips、GBPJPY(ポンド円)は平均スプレッド0.7pipsで実質スプレッド1.2pipsほど。

  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • 透明性の高いECN方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • プロトレーダー御用達の老舗ブローカー

業界最安水準のスプレッドを体感しよう!

Tradeviewで口座開設する Tradeviewの詳細へ

3位:XMTrading / XM ZERO口座

XM ZERO口座公式ページ:https://www.xmtrading.com/jp/account-types/zero

最後に紹介するのは、日本人トレーダーに人気のある「XMTrading」というブローカーの「XM ZERO口座」。初回口座開設で3,000円の取引用ボーナスが貰えるのが特徴です。

XMTradingの会社概要と評価

XMTradingは2009年から運営されている海外FXブローカーで、運営会社である
Tradexfin Limitedはセーシェル金融庁に認可されています。(登録番号:SD010)

スプレッドや約定力は平凡ですが、ボーナスプログラムがとても豊富なことから今も昔も高い人気を集めています。

初めてXMのリアル口座を開設すると、もれなく3,000円分のボーナスクレジットがプレゼントされ、入金をしなくてもトレードを始められるのが最大の特徴です。

さらには、入金するとその額に応じてボーナスが貰える「入金ボーナス」や、取引するたびにXMPと呼ばれるポイントが貯まる「XMロイヤルティプログラム」など、お得にトレードできる嬉しい特典が満載。

FX通貨ペアのレバレッジは最大888倍(Zero口座は500倍)という高水準。さらには、株式指数の現物・先物や原油も取引できるほか、コモディティに関してはどの海外業者よりも豊富なラインナップで、ありとあらゆる銘柄を一つの口座内で取引できます。

また、Webサイトは完全に日本語化されており、分からないことがあれば社内の日本人スタッフへ日本語で問い合わせることができるほか、秋又龍志氏によるFXウェビナーも行われていたりと、日本人向けサービスがこの上なく充実しています。日本人トレーダーに最も選ばれているのも頷けますね。

XM(XMTrading)ってどうなの?気になる評判や特徴を全て解説します
スタンダードマイクロXM Zero
口座の方式STP方式STP方式ECN方式
1lotの価値10万通貨1,000通貨10万通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)MT4:0.01(10通貨)
MT5:0.1(100通貨)
0.01(1,000通貨)
最大ロット50(500万通貨)100(10万通貨)50(500万通貨)
レバレッジ1倍~888倍1倍~888倍1倍~500倍
スプレッドやや広いやや広い狭い
手数料無し無し往復10通貨
追証無し無し無し
ゼロカットありありあり
ロスカット水準20%以下20%以下20%以下
プラットフォームMT4/MT5MT4/MT5MT4/MT5
最低入金額5ドル5ドル100ドル
信託保全ありありあり
口座開設ボーナスありありあり
入金ボーナスありあり無し
ロイヤルティプログラムありあり無し
FX通貨ペア57種類57種類56種類
株式現物指数18種類18種類無し
株式先物指数12種類12種類無し
コモディティ8種類8種類無し
貴金属4種類4種類2種類
エネルギー5種類5種類無し
仮想通貨5種類5種類無し
XMTradingの10項目評価
ライセンスの信頼性
(3.0)
資金の保全体制
(3.0)
日本語サポート
(5.0)
約定力と取引の透明性
(4.0)
取引銘柄の豊富さ
(4.0)
スプレッドの狭さ
(2.0)
レバレッジの高さ
(5.0)
ボーナス
(5.0)
入金・出金の整備
(3.0)
取引プラットフォームの充実度
(4.0)
総合評価
(3.8)

取引手数料は1ロット(10万通貨)あたり10ドル

XM ZERO口座の取引手数料は、1ロット(10万通貨)の取引あたり往復10ドルで、値幅換算すると1pipsほどに相当します。AXIORYの6割増し、Tradeviewの2倍なので、少しでもコストを抑えたい!という方には全くもっておすすめできません。

厳密にいえば、「1ロットあたり往復10ドル」ではなく「1ロットあたり往復10通貨」で、ここでいう“通貨”とは通貨ペアの左側を指しており、USDJPYなら10ドル/1ロット、EURUSDなら10ユーロ/1ロット、GBPAUD/1ロットなら10ポンドです。つまり、通貨ペアごとのレートによって手数料も若干変動します。

USDJPY(ドル円)やEURUSD(ユーロドル)は平均0.1pipsという限りなくゼロに近いスプレッドですが、これに1.0pips相当の取引手数料が上乗せされ、実質スプレッドは1.1pipsほどとなります。ちなみに、GBPUSD(ポンドドル)は平均スプレッド0.3pipsで実質スプレッド1.3pips、GBPJPY(ポンド円)は平均スプレッド0.9pipsで実質スプレッド1.9pipsほど。

その他取り扱い銘柄と各スプレッドは、別記事「XMの取扱銘柄(通貨ペア/貴金属/株式/仮想通貨)、スプレッド一覧」にまとめてあります。

入金無しで始められる口座開設3,000円ボーナス

XMでは、初めてリアル取引口座を開設したトレーダーに対し、もれなく3,000円分の取引用ボーナスを配布しています。

3,000円という額は決して多くありませんが、リアルマネーをリスクに晒さず取引でき、得た利益分は無条件で出金できるので、ボーナス目当てでお試しがてら開設してみるのも良いでしょう。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • WindowsとMac両対応のMT4・MT5
  • 完璧な日本語対応

今なら3,000円分取引ボーナスが貰える!

XMTradingで口座開設する XMTradingの詳細へ

海外ECN口座3つを徹底比較

口座の基本スペックを比較

AXIORY
ナノ口座
Tradeview
cTrader口座
XMTrading
ZERO口座
口座の方式ECN方式
1lotの価値10万通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)
最大ロット1,000(1億通貨)無制限50(500万通貨)
レバレッジ1倍~最大400倍1倍~最大200倍1倍~最大500倍
手数料6ドル(0.6pips相当)5ドル(0.5pips相当)10ドル(1.0pips相当)
プラットフォームMT4、cTradercTraderMT4、MT5
注文板の利用cTraderなら可不可
追証無し
ゼロカットあり
ロスカット水準20%以下100%以下20%以下
最低入金額200ドル (2万円)1,000ドル (10万円)100ドル (1万円)
信託保全全額信託保全最大$35,000実質全額信託保全
ボーナス無し口座開設ボーナス

主要銘柄のスプレッドとコストを比較

主要な銘柄のスプレッド、および取引手数料を加味した実質スプレッドを比較してみました。XM Zero口座の手数料は2019年5月時点の為替レートを適用しています。

AXIORY
ナノ口座
Tradeview
cTrader口座
XMTrading
ZERO口座
AUD/JPY
豪ドル/円
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.4pips
(実質0.9pips)
平均1.2pips
(実質2.0pips)
AUD/USD
豪ドル/ドル
平均0.3pips
(実質0.9pips)
平均0.3pips
(実質0.8pips)
平均0.3pips
(実質1.0pips)
EUR/JPY
ユーロ/円
平均0.4pips
(実質1.0pips)
平均0.3pips
(実質0.8pips)
平均0.2pips
(実質1.4pips)
EUR/USD
ユーロ/ドル
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.2pips
(実質0.7pips)
平均0.0pips
(実質1.1pips)
GBP/JPY
ポンド/円
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.7pips
(実質1.2pips)
平均0.9pips
(実質1.4pips)
GBP/USD
ポンド/ドル
平均0.5pips
(実質1.1pips)
平均0.5pips
(実質1.0pips)
平均0.3pips
(実質1.6pips)
NZD/JPY
NZドル/円
平均0.8pips
(実質1.4pips)
平均0.7pips
(実質1.2pips)
平均2.5pips
(実質3.2pips)
NZD/USD
NZドル/ドル
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.5pips
(実質1.0pips)
平均1.0pips
(実質1.7pips)
USD/CAD
ドル/加ドル
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.4pips
(実質0.9pips)
平均0.6pips
(実質1.9pips)
USD/CHF
ドル/フラン
平均0.5pips
(実質1.1pips)
平均0.5pips
(実質1.0pips)
平均0.5pips
(実質1.5pips)
USD/JPY
ドル/円
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.2pips
(実質0.7pips)
平均0.1pips
(実質1.2pips)

スプレッドだけ見れば3口座とも互角ですが、手数料を加味した実質スプレッドを比較すると総じてTradeviewが最安で、それに次いでAXIORYナノスプレッド口座、XM ZERO口座は明らかに一歩劣る結果となりました。

AUDJPYやNZDJPY、USDCADでは差が顕著に現れています。

入出金方法を比較

AXIORYTradeviewXMTrading
入金方法
カード対応対応対応
国内銀行振込対応対応
(Curfexの登録必須)
非対応
海外銀行送金ドル口座のみ対応対応
bitwallet対応非対応対応
STICPAY対応対応対応
ビットコイン対応対応対応
出金方法
カード入金額まで可入金額まで可入金額まで可
国内銀行振込非対応利益分出金可
(Curfexの登録必須)
非対応
海外銀行送金利益分出金可利益分出金可利益分出金可
bitwallet入金額まで可利益分出金可利益分出金可
STICPAY利益分出金可利益分出金可利益分出金可
ビットコイン入金額まで可入金額まで可利益分出金可