当サイト限定 初回入金100%ボーナスプレゼント

XMのスタンダード口座とマイクロ口座は何が違う?どっちを選ぶべき?

XM(XMTrading)では「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3種類の取引口座が提供されています。Zero口座に関しては「スプレッドが狭いECN口座」という明確なすみ分けがなされている一方で、スタンダード口座とマイクロ口座はほぼ違いがありません。

スタンダード口座とマイクロ口座のどちらを選べばよいか分からない!とお悩みの方へ向けて、両口座の違いを詳しくまとめました。

※記事は定期的に更新していますが、最新情報が反映されていない可能性があります。正確な情報はXM公式の「取引口座タイプ」ページをご参照願います。

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは3つだけ

さっそく、スタンダード口座とマイクロ口座の違いについてみていきましょう。

結論から述べると、スタンダード口座とマイクロ口座の違いは「ロットとpipsの価値」「最小ロットと最大ロット」「通貨ペアの表示名」の3つだけです。

ロットと価値とpipsあたりの損益

XMの取引プラットフォーム「MetaTrader」では、ポジションの量のことを「ロット」と表しますが、スタンダード口座とマイクロ口座ではロットあたりの価値に100倍の差があります。

スタンダード口座における1ロットの価値は100,000通貨となっていますが、マイクロ口座ではその100分の1の1,000通貨となります。つまり、マイクロ口座でいう100ロットとスタンダード口座の1ロットは等価値となるわけです。

ロット数スタンダード口座マイクロ口座
0.01ロット1,000通貨10通貨
0.05ロット5,000通貨50通貨
0.1ロット1万通貨100通貨
0.5ロット5万通貨500通貨
1ロット10万通貨1,000通貨
10ロット100万通貨1万通貨

よって、pipsあたりの損益も100倍の差があります。円建て口座でUSDJPYを取引すると仮定した場合、スタンダード口座で1ロット取引すると1pipsあたりの損益は1,000円となりますが、マイクロ口座で1ロット取引すると1pipsあたりわずか10円です。

注意
マイクロ口座でロットの価値が1/100になるのはFX通貨ペアとゴールドとシルバーのみです。プラチナおよびパラジウム、株式CFD、コモディティCFD、エネルギー(原油)CFD、仮想通貨CFDはすべてスタンダードと同じ扱いになるので注意しましょう。

最小ロットと最大ロット

最小ロットと最大ロットにも違いがあります。

スタンダード口座は最小0.01ロット = 1,000通貨〜最大50ロット = 最大500万通貨なのに対し、マイクロ口座は最小0.01ロット = 10通貨〜最大100ロット = 10万通貨となっています。(MT5のマイクロ口座は最小0.1ロット = 100通貨)

スタンダード口座では1回で最大500万通貨まで投入できますが、マイクロ口座では1回10万通貨までで、10万通貨を超える場合は2回以上に分けて投じる必要があるのです。

保有可能ポジションは両口座共に最大200ポジションまで。スタンダード口座では500万通貨 x 200ポジション = 10億通貨までマイクロ口座では10万通貨 x 200ポジション = 2,000万通貨まで持てます。

通貨ペアの表示名

取り扱い銘柄は両口座共通ですが、マイクロ口座では通貨ペアの末尾に「micro」が付きます。例えば、USDJPYの場合は「USDJPYmicro」、EURUSDの場合は「EURUSDmicro」、GOLDの場合は「GOLDmicro」など。

マイクロ口座でも株式CFDや仮想通貨CFD等を取引できますが、それらには「micro」が付いていないため、1ロットの価値はスタンダードと同じになります。

スタンダード口座とマイクロ口座 比較表

スタンダード口座マイクロ口座
口座の方式STP方式
1lotの価値10万通貨1,000通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)MT4:0.01(10通貨)
MT5:0.1(100通貨)
最大ロット50(500万通貨)100(10万通貨)
レバレッジ1倍~888倍
スプレッドやや広い
手数料無し
追証無し
ゼロカットあり
ロスカット水準20%以下
プラットフォームMT4/MT5
最低入金額5ドル
信託保全あり
口座開設ボーナスあり
入金ボーナスあり
ロイヤルティプログラムあり
FX通貨ペア57種類
株式現物指数18種類 (両口座共に1ロット = 10万通貨)
株式先物指数12種類 (両口座共に1ロット = 10万通貨)
コモディティ8種類 (両口座共に1ロット = 10万通貨)
貴金属4種類 (ゴールドとシルバー除いて両口座共に1ロット = 10万通貨)
エネルギー5種類 (両口座共に1ロット = 10万通貨)
仮想通貨5種類 (両口座共に1ロット = 10万通貨)

貰えるボーナスに違いはある?

XMでは「口座開設3,000ボーナス」「500ドルまでの100%入金ボーナス」「4,500ドルまでの20%ボーナス」そして「XMロイヤルティプログラム」と非常に豪華なボーナスを用意しています。

「スタンダード口座とマイクロ口座で貰えるボーナスが異なるのでは?」と心配する声も聞こえてきそうですが、どちらの口座を選んでも貰えるボーナスは全く同じです。マイクロ口座だからといって差別されることはありません。

XMでどんなボーナスが貰えるのかについてはコチラ▼の記事にて詳しくまとめています。

関連記事:【2020年版】XMのボーナスをどのサイトよりも分かりやすく解説

多く選ばれているのはどっち?

参考までに、当ブログ経由で口座を開設している約70%のトレーダーが「スタンダード口座」を、約20%が「マイクロ口座」を選んでいます。(XM Zero口座は10%以下)

やはり、少額から大口ロットまで幅広く対応できるスタンダード口座が断トツ人気です。

スタンダード口座とマイクロ口座、どっちを選べば良いの?

スタンダード口座か、それともマイクロ口座か。どちらを選ぶべき?と悩んだとき、決め手となるのはズバリ投資額と投資経験です。明確な区分はありませんが、ざっと次のようなイメージで選ぶと良いでしょう。

数万円の資金で始めるなら「スタンダード口座」

1万円~2万円程度の資金が用意できる方は、「スタンダード口座」を選ぶのが最適です。

スタンダード口座は最小1,000通貨から取引できます、仮に、1,000通貨のポジションを持って100pips逆行してしまっても、損失は1,000円程度に収まるので、数万円の証拠金があれば大きな痛手にはなりません。

少額トレードには「マイクロ口座」が最適

「いきなり数万円の資金を晒すのは怖い」「1,000円くらいでお試しトレードをしてみたい」など、少額からトレードを始めたい方には「マイクロ口座」をおすすめします。

マイクロ口座ならスタンダード口座よりもさらに少ない最小10通貨(MT5の場合は100通貨)から取引できるので、少ない利益を地道に積み上げるのには向いています。

しかし、マイクロ口座の最大ロットは100lot (10万通貨)なので、それ以上のポジションを持ちたいときは分割して注文しなくてはならないので、ある程度資金が貯まってきたらスタンダード口座へ乗り換えることをおすすめします。

FX以外のCFDも取引したいならスタンダード口座一択

先述したとおり、マイクロ口座で1/100の少ロットで取引できるのは、FX通貨ペアとGOLD・SILVERのみ。

FX以外のCFD商品、例えば日経225やNYダウといった株式指数、原油、コモディティなどを幅広く取引したいなら、自ずと「スタンダード口座」の一択になります。

迷ったら「スタンダード口座」を選びましょう!

「自分にはどっちの口座が適しているかわからない」と迷ってしまったら、ひとまず「スタンダード口座」を選んでおけば間違いありません。

少資金だからといって必ずしもマイクロ口座を選ぶ必要はありませんし、スタンダード口座ならXMの全ての銘柄を取引できるので、結局いちばんバランスが良いのはスタンダード口座なのです。

  • 最大888倍レバレッジ
  • 豊富なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • WindowsとMac両対応のMT4・MT5
  • 完璧な日本語対応

今なら3,000円分取引ボーナスが貰える!

XMTradingで口座開設する XMTradingの詳細へ

追加口座を作れば併用できます

XMでは一人で最大8つまで取引口座を持てますので、初めに作った口座が気に入らなくても後から変更できます。「マイクロ口座を使い始めたけど、スタンダード口座へ乗り換えたい」「スタンダード口座とマイクロ口座を使い分けたい」という方は、ぜひ追加口座を検討しましょう。

既に口座の有効化(本人確認書類と住所確認書類の提出)を済ませてあれば、2口座以降は書類提出無しで簡単に作れます。XMのマイページへログイン後、「追加口座を開設する」というボタンをクリックして手続きを進めましょう。

追加口座を作る方法や複数口座の活用術などは、コチラ▼の記事にて超詳しくまとめています。

関連記事:XM 追加口座の作り方|複数口座を使いこなす方法や注意点について

XM Zero口座ってどうなの?

スタンダード口座とマイクロ口座とは別に、「XM Zero口座」も存在します。

XM Zero口座は他の2口座とは全くの別物で、スプレッドが狭くなっている代わりに取引のたびに取引手数料が引かれるECNタイプの取引口座です。

スプレッドと取引手数料が二重で取られるので損した気分になりますが、そもそもスプレッドが極めて狭いため、取引手数料を加味しても実質コストはスタンダード・マイクロ口座よりも安くなります。

XM Zero口座についてさらに詳しく知りたい方は、別記事「スプレッドが狭いXM ZERO(ゼロ)口座ってどう?」をお読みください。Zero口座のメリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

関連記事:スプレッドが狭いXM ZERO(ゼロ)口座ってどう?長所短所や手数料など

自分にピッタリな口座タイプを見つけよう! XMでリアル口座を開設する