【4/30まで】BigBossにて100%入金ボーナス+取引ボーナス

【2021年4月最新】BigBossが開催中のボーナスキャンペーン情報

この記事では、海外FX業者のBigBoss(ビッグボス)が現在開催しているボーナスキャンペーン情報や、ボーナスを使用する際に気をつけたいポイントなどを一挙にまとめました。

期間延長のお知らせ
当初は2021年2月22日〜3月31日までの予定でしたが、1ヶ月延長され4月30日まで実施されています!

BigBossのボーナスキャンペーンは2/22〜4/30まで

BigBossの新アンバサダーとして、世界的な格闘家ボブ・サップ氏が就任したことはご存知でしょうか。また、BigBossロゴの葉巻吸ってるおじさん(?)のキャラクター名が「Bobby」に決まったことで、BigBossのブランドイメージが確立されつつあります。

この2つを祝して、BigBossでは「W BOBBY」と題したキャンペーンが実施されることになりました。期間は2021年2月22日から4月30日までで、期間中は次の2つのボーナスが提供されます。

それでは、各ボーナスの詳細についてお伝えします。

最大10万円の100%入金ボーナス

キャンペーン期間中にBigBossのリアル口座へ入金すると、$1,000(約10万円)を上限として、入金額に対する100%がボーナスとして振り込まれます。

キャンペーン中の入金累計額が$1,000(約10万円)に達するまでなら、何度入金しても100%ボーナスが貰えるので、いきなり10万円を用意する必要はなく、小分けに入金しても問題ありません。

下の表にボーナス提供例をまとめました。

累計入金額ボーナス金額証拠金合計
10,000円10,000円20,000円
20,000円20,000円40,000円
50,000円50,000円100,000円
100,000円100,000円200,000円
200,000円100,000円300,000円

事前の参加や申請などは特に必要なく、キャンペーン期間内に入金するだけでボーナスを受け取ることができます。ただし、入金後すぐには反映されず、最大で1営業日のタイムラグが生じるとのこと。

1lotあたり8ドルの取引ボーナス

通常は1lot(10万通貨)あたり4ドルの取引ボーナスが提供されていますが、キャンペーン期間中はなんと8ドルに倍増。

取引ボーナスは毎週日曜日から土曜日までの1週間の取引量をもとに算出され、翌週の月曜日に取引口座に付与されます。

なお、取引ボーナスは「残高」としてではなく「クレジット」として付与され、取引のみに使うことができます。取引ボーナスそのものを出金することはできないのでご注意ください。

取引ボーナスはFX通貨のみが対象となり、次のペアは対象外となりますのでご注意ください。

取引ボーナス対象外となるペア一覧
XAUUSD, XAGUSD, N225, NDX, UK100, SPX, WS30, HSI, UK Brent, US Crude, BTCUSD, ETHUSD, XRPUSD, BCHUSD, LTCUSD, NEOUSD, EOSUSD, BTCJPY, ETHJPY

取引ボーナスは、「スタンダード口座」のみならず、スプレッドが狭い「プロスプレッド口座」も対象です。1lotあたり8ドルは0.8pipsに相当するため、間接的にスプレッド0.8pips縮めることになるため、取引コストを格段に抑えることができます。

例えば、プロスプレッド口座でのUSDJPYのスプレッドは平均0.2pipsで、1lotあたり9ドルの取引手数料を上乗せすると、実質1.1pipsです。しかし、取引ボーナスで0.8pips相当を削減できるため、キャンペーン中の実質スプレッドは0.3pipsということになります。

BigBossのボーナスに関する注意点

「FOCREX口座」はボーナス対象外

今回の7周年ボーナスの対象となるのは、スタンダード口座、プロスプレッド口座、MASSスタンダード口座のみです。

FOCREX口座やその他の口座はすべて対象外で、ボーナスは付与されませんので注意しましょう。

出金と資金移動でボーナス取り消しとなるので要注意

キャンペーン開始後、自身が保有するBigBossの取引口座のいずれかで一度でも出金した場合、受け取ったボーナスはすべて取り消しとなるだけでなく、以降の入金でボーナスが受け取れなくなってしまいます。なるべく利益を生み出してから出金するようにしましょう。

また、ボーナスを受け取った口座から他のBigBossの取引口座へ資金を移動させた場合、その口座のボーナスは取り消しとなるので、この点も注意しましょう。

ゼロカットが執行されるとボーナスから差し引かれる

BigBossでは、万が一口座残高がマイナスになってしまっても、そのマイナス分をゼロに戻してくれる「ゼロカットシステム」が設けられています。追証を負うことなく取引できる素晴らしい制度ですが、ボーナスの取り扱いについては注意が必要です。

ゼロカットが執行される際、口座にボーナスが残っていた場合は、まずゼロカット分がボーナスから差し引かれ、ボーナスだけでゼロカット分を補填できない場合に限りゼロカットが執行されます。

BigBossってどんなブローカー?

BigBossは2013年に設立されたFXブローカーで、Big Boss Holdings Company Limitedというセントビンセント・グレナディーンの会社が運営しています。同国の金融ライセンスを取得済み。

BigBossが提供しているFX取引口座は「スタンダード口座」と「プロスプレッド口座」の2種類。

スタンダード口座は海外FXで主流のSTP方式を採用していて、スプレッドがやや広め(USDJPYやEURUSDで1.4pipsほど)ではあるものの、幅広い銘柄を取引できます。

プロスプレッド口座は、スプレッドが狭いかわりに外付けの取引手数料が発生するECN方式です。スプレッドはUSDJPYやEURUSDで平均0.2pips、GBPJPYやEURJPYで平均0.5pipsという低水準。取引手数料は1ロット(10万通貨)の取引あたり往復9ドル(注文と決済で4.5ドルずつ)で、値幅に換算すると約0.9pipsに相当します。手数料を加味した場合、USDJPYやEURUSDは実質1.1pips、GBPJPYやEURJPYは実質1.4pips、AUDJPYは実質1.6pipsとなるわけです。

スキャルピングやデイトレードをするなら、スプレッドが狭いプロスプレッド口座がおすすめです。

関連記事:海外FX「BigBoss」はどうなのか?評判や特徴、長所・短所を徹底解説

  • 残高いくら増えてもレバレッジ最大555倍固定
  • 完璧な日本語サポート
  • 豊富な入金方法
  • 本人確認しなくてもすぐに取引できる
  • NDDによるクリーンな取引環境

書類提出不要の「クイック口座開設」なら、わずか1分で取引開始!

BigBossで口座開設する BigBossの詳細へ