Tradeviewの出金について|出金方法やルール、掛かる日数や手数料

海外FXブローカー「Tradeview Forex」が取り扱う数多くの出金方法、各方法の手数料や掛かる日数、出金時に気をつけたいことなど、Tradeviewの出金にまつわる情報をひととおりまとめました。

  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • 透明性の高いECN方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • プロトレーダー御用達の老舗ブローカー

Tradeviewで出金する際に留意したい3つのルール

Tradeviewで出金する際に必ず覚えておきたい大前提となるルールが3つありますので、チェックしていきましょう。

ルール1. 入金と同じ方法で出金しなくてはならない

最も重要なのは「入金時と同じ方法で出金する」というルールで、おそらくどの海外業者でも同様のルールを設けています。

理由はずばりマネーロンダリング対策(AML)です。もし入金方法問わずどこへでも自由に出金できてしまうと、資金の流れや出どころが不明確となり、脱税や麻薬売買など犯罪の温床になりかねません。

例えばbitwalletでTradeviewへ入金していた場合、引き出し先はbitwallet一択になります。それに加えてSTICPAYと銀行送金で入金していた場合、引き出し先はbitwallet・STICPAY・銀行送金の3択になります。bitwalletで入金していないにも関わらずbitwalletで出金する、といった処理は受け付けられません。

ルール2. 他人名義の口座・ウォレットには出金できない

これも同じくマネーロンダリング対策で、他人名義の口座やオンラインウォレットへ出金することはご法度とされており、守らないと口座凍結の恐れさえあります。必ず自身の口座を指定しましょう。

ルール3. カードで入金していた場合、最優先で入金分を返金しなくてはならない

もし過去にクレジットカード・デビットカードで入金していた場合、入金分までは必ず同一のカードへ返金しなくてはなりません。そしてカード入金分を超える分については海外銀行送金で引き出すことになります。

例えば20万円をカード入金した後、残高を30万円まで増やしたとしましょう。その状態で30万円全額を引き出すためには、まず先にカードへ20万円を返金し、その後に利益分の10万円を海外銀行送金で引き出すという流れです。

各出金方法、手数料、掛かる時間

クレジットカード・デビットカードへの出金(返金)

カードで海外FX業者へ入金した場合はショッピング枠で決済されるため、出金については「返金」という扱いで処理されます。入金分を「商品代金」に置き換えて考えてみると、商品代金以上の返金というのはあり得ない話なので、入金額以上の出金はできない仕組みとなっているのです。

先述したとおり、カードでの入金履歴が残っている場合、優先的にカードへ返金されます。カードで出金(返金)できるのはカードで入金した分までで、それ以上の出金分は海外銀行送金で引き出すことになります。

カード返金の際の手数料はTradeview側が負担してくれるので無料。カードへ反映されるまでの時間はカード会社によりけりです。早いと1~2営業日後、遅いと2週間〜1ヶ月掛かってしまうこともあります。

bitwalletでの出金

「bitwallet」(ビットウォレット)とは、現在多くの海外FXブローカーが入出金方法として採用しているオンライン決済サービスで、法定通貨(日本円・米ドル・ユーロ)の保管および送金に加え法定通貨の売買もできる万能サービスです。

過去にbitwalletでTradeviewへ入金していれば、入金分も利益分も入金時と同じbitwalletアカウントへ引き出すことができます。

Tradeviewからbitwalletへ出金する段階で100円、bitwalletから国内の銀行口座へ引き出す段階で824円、合計924円の手数料が掛かります。決して安くはありませんが、海外送金に比べると圧倒的に抑えられますし、海外送金ほど時間も掛かりません。(Tradeview→bitwalletは数時間ほど、bitwallet→国内銀行口座は通常2〜3営業日ほど)

STICPAYでの出金

bitwalletの類似サービス「STICPAY」(スティックペイ)での出金にも対応しており、bitwallet同様に入金分と利益分どちらも引き出せます。

手数料はbitwalletよりも割高ですが、Mastercardブランドのデビット兼キャッシュカード「STICPAY Card」はSTICPAYならではの強みで、Mastercard対応の実店舗やネットショップでお買い物ができたり、セブンATMで日本円を引き出せます。

手数料は出金額の2.5% + 0.3ドル。

海外銀行送金での出金

海外銀行送金でも出金できますが、Tradeview側で35ドル、加え受け取る国内銀行側で2,000円〜5,000円ほどの諸手数料が掛かるため、よほど多額の出金でない限りおすすめはできません。着金するまでの時間は時と場合によりけりですが、通常3営業日〜1週間ほど要します。

Tradeviewに限らず、海外業者からの送金を受け取るためには、SWIFTコードを持つ銀行の口座が必要になります。多くの銀行はSWIFTコードを有していますが、ジャパンネット銀行やセブン銀行など一部銀行にはそれが無いため、前もって調べておきましょう。

銀行名 金融機関コード SWIFTコード
都市銀行
みずほ銀行 0001 MHCBJPJT
三菱UFJ銀行 0005 BOTKJPJT
三井住友銀行 0009 SMBCJPJT
りそな銀行 0010 DIWAJPJT
埼玉りそな銀行 0017 SAIBJPJT
新たな形態の銀行
ジャパンネット銀行 0033 なし
セブン銀行 0034 なし
ソニー銀行 0035 SNYBJPJT
楽天銀行 0036 RAKTJPJT
住信SBIネット銀行 0038 NTSSJPJT
じぶん銀行 0039 JICRJPJ1
イオン銀行 0040 未定
大和ネクスト銀行 0041 DNEXJPJT
地方銀行
北海道銀行 0116 HKDBJPJT
青森銀行 0117 AOMBJPJT
みちのく銀行 0118 MCHIJPJT
秋田銀行 0119 AKITJPJT
北都銀行 0120 HOKBJPJT
荘内銀行 0121 SNAIJPJT
山形銀行 0122 YAMBJPJT
岩手銀行 0123 BAIWJPJT
東北銀行 0124 TOHKJPJ1
七十七銀行 0125 BOSSJPJT
東邦銀行 0126 TOHOJPJT
群馬銀行 0128 GUMAJPJT
足利銀行 0129 ASIKJPJT
常陽銀行 0130 JOYOJPJT
筑波銀行 0131 KGBKJPJT
武蔵野銀行 0133 MUBKJPJT
千葉銀行 0134 CHBAJPJT
千葉興業銀行 0135 CHIKJPJT
きらぼし銀行 0137 TOMIJPJT
横浜銀行 0138 HAMAJPJT
第四銀行 0140 DAISJPJT
北越銀行 0141 HETSJPJT
山梨中央銀行 0142 YCHBJPJT
八十二銀行 0143 HABKJPJT
北陸銀行 0144 RIKBJPJT
富山銀行 0145 なし
北國銀行 0146 HKOKJPJT
福井銀行 0147 FKUIJPJT
静岡銀行 0149 SHIZJPJT
スルガ銀行 0150 SRFXJPJT
清水銀行 0151 SMZGJPJT
大垣共立銀行 0152 OGAKJPJT
十六銀行 0153 JUROJPJT
三重銀行 0154 MIEBJPJT
百五銀行 0155 HYKGJPJTTSU
滋賀銀行 0157 SIGAJPJT
京都銀行 0158 BOKFJPJZ
近畿大阪銀行 0159 OSABJPJS
池田泉州銀行 0161 BIKEJPJS
南都銀行 0162 NANTJPJT
紀陽銀行 0163 KIYOJPJT
但馬銀行 0164 TJMAJPJZ
鳥取銀行 0166 BIRDJPJZ
山陰合同銀行 0167 SGBKJPJT
中国銀行 0168 CHGKJPJZ
広島銀行 0169 HIROJPJT
山口銀行 0170 YMBKJPJT
阿波銀行 0172 AWABJPJT
百十四銀行 0173 HYAKJPJT
伊予銀行 0174 IYOBJPJT
四国銀行 0175 SIKOJPJT
福岡銀行 0177 FKBKJPJT
筑邦銀行 0178 CHIHJPJT
佐賀銀行 0179 BKSGJPJT
十八銀行 0180 EITNJPJT
親和銀行 0181 SHWAJPJT
肥後銀行 0182 HIGOJPJT
大分銀行 0183 OITAJPJT
宮崎銀行 0184 MIYAJPJT
鹿児島銀行 0185 KAGOJPJT
琉球銀行 0187 RYUBJPJZ
沖縄銀行 0188 BOKIJPJZ
西日本シティ銀行 0190 NISIJPJT
北九州銀行 0191 KITQJPJ1
信託銀行
三菱UFJ信託銀行 0288 MTBCJPJT
みずほ信託銀行 0289 YTBCJPJT
三井住友信託銀行 0294 STBCJPJT
日本マスタートラスト信託銀行 0297 MTBJJPJT
ステート・ストリート信託銀行 0299 SSTBJPJX
SMBC信託銀行 0300 SGTBJPJT
野村信託銀行 0304 NMTBJPJT
オリックス銀行 0307 OTBCJPJT
GMOあおぞらネット銀行 0310 未定
農中信託銀行 0311 NCTBJPJ1
新生信託銀行 0320 SHTCJPJ1
証金信託銀行 0321 JSTCJPJ1
日本トラスティ・サービス信託銀行 0324 JTSBJPJT
資産管理サービス信託銀行 0325 TCSBJPJT
かつての長期信用銀行
新生銀行 0397 LTCBJPJT
あおぞら銀行 0398 NCBTJPJT
第二地方銀行
北洋銀行 0501 NORPJPJP
きらやか銀行 0508 SHIAJPJT
北日本銀行 0509 KNPBJPJT
仙台銀行 0512 SEDIJPJ1
福島銀行 0513 FKSBJPJ1
大東銀行 0514 DATTJPJ1
東和銀行 0516 TOWAJPJT
栃木銀行 0517 TOCIJPJT
京葉銀行 0522 KEIBJPJT
東日本銀行 0525 HNPBJPJT
東京スター銀行 0526 TSBKJPJT
神奈川銀行 0530 KANGJPJ1
大光銀行 0532 TAIKJPJ1
長野銀行 0533 NAGAJPJZ
富山第一銀行 0534 FBTYJPJ1
福邦銀行 0537 FUHOJPJ1
静岡中央銀行 0541 なし
愛知銀行 0542 AICHJPJN
名古屋銀行 0543 NAGOJPJN
中京銀行 0544 CKBKJPJN
第三銀行 0546 DSBKJPJT
関西アーバン銀行 0554 KSBJJPJS
大正銀行 0555 なし
みなと銀行 0562 HSINJPJK
島根銀行 0565 SHMMJPJ1
トマト銀行 0566 TOMAJPJZ
もみじ銀行 0569 HRSBJPJT
西京銀行 0570 SAKBJPJZ
徳島銀行 0572 TKSBJPJZ
香川銀行 0573 KGWBJPJZ
愛媛銀行 0576 HIMEJPJT
高知銀行 0578 KOTIJPJT
福岡中央銀行 0582 未定
佐賀共栄銀行 0583 未定
熊本銀行 0587 KUMAJPJZ
豊和銀行 0590 HOWAJPJT
宮崎太陽銀行 0591 MITYJPJ1
南日本銀行 0594 MINPJPJ1
沖縄海邦銀行 0596 OKWAJPJ1
信用金庫
信用金庫中央金庫 1000 ZENBJPJT
横浜信用金庫 1280 YOKOJPJM
朝日信用金庫 1303 ASKBJPJT
東京東信用金庫 1320 CHSBJPJT
城南信用金庫 1344 JSBKJPJT
城北信用金庫 1351 OJISJPJT
巣鴨信用金庫 1356 SSHBJPJT
多摩信用金庫 1360 TAMAJPJT
岐阜信用金庫 1530 GFSBJPJZ
岡崎信用金庫 1552 OKSBJPJZ
瀬戸信用金庫 1554 SSBKJPJZ
京都信用金庫 1610 KYSBJPJZ
京都中央信用金庫 1611 KCHUJPJY
大阪シティ信用金庫 1635 OSACJPJS
尼崎信用金庫 1688 AMASJPJZ
大川信用金庫 1917 OHSHJPJ1
ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行 9900 JPPSJPJ1

また、銀行によっては着金した段階で確認の電話が掛かっていることがあります。「送金の目的はなんですか?」「今後も同じ業者から継続的に送金される予定ですか?」など質問されるので、「海外のFX業者からの送金です」と簡潔に答えれば問題ありません。

煩わしい電話確認をパスしたい方は、電話確認を行っていないソニー銀行住信SBIネット銀行へ引き出すか、bitwalletを挟むと良いでしょう。

BitPayでのビットコイン出金

ビットコイン(BitPay)の出金にも対応していて、ビットコイン対応の業者としては珍しく入金分だけでなく利益分も全額で引き出すことができます。

手数料は無料で、通常は申請してから数営業時間内に着金します。

Upholdでの出金

「Uphold」(アップホールド)による出金にも対応しています。

Upholdはユーロ・米ドル・日本円・英ポンドの法定通貨4種に加えビットコイン・ライトコイン・イーサリアムの仮想通貨3種にも対応しているので、その時々の状況に応じて送金手段を選べるのがメリットです。

ただし日本語非対応なので、英語に不慣れな方はbitwalletを使いましょう。

Fasapayでの出金

インドネシアのオンライン決済サービス「FasaPay」(ファサペイ)による入金もサポートしています。対応しているのはUSD(米ドル)とIDR(インドネシアルピア)のみ。

手数料は出金額の0.5%と安く、即時反映です。

ecoPayzでの出金

オンラインカジノやブックメーカー界隈では名のしれた決済サービス「ecoPayz」(エコペイズ)にも対応していますが、手数料面でも実用面でもbitwalletには遠く及ばないので、おすすめできません。

かつては「ecoCard」という物理カードでATMから直接出金できるという強みがありましたが、2018年8月以降規制されて使えなくなってしまいました。

Tradeviewの出金フォームの記入例

取引口座から出金するにはTradeviewの出金フォームから申請します。

まずは「お客様の情報」という項目を全て埋めます。口座名義(ローマ字表記)、口座番号、電話番号、メールアドレス、出金額、出金理由を入力。「出金理由」という見慣れない項目がありますが、「I want to withdraw profits.」(訳:利益を引き出したいです)等と記入すればOKです。

続いて「ご出金方法」に並んでいるものの中から、自身が希望する出金方法にチェックを入れます。

「Tradeview口座を解約しますか?」の欄はもちろん「いいえ」を選択。

再び自身の名前をローマ字表記で記入し、本日の日付を入れてから、「ご本人様確認書類」から写真付きの公的身分証明書をアップロードします。パスポートや運転免許証を選びましょう。

内容を一通り確認したうえで問題なければ「送信する」ボタンをクリック。

  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • 透明性の高いECN方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • プロトレーダー御用達の老舗ブローカー

Tradeviewの出金にまつわるQ&A

いいえ。Tradeviewは国内銀行振り込みによる出金に対応しておらず、海外銀行送金のみとなります。しかし、Tradeviewからbitwalletへ出金すれば、bitwalletから手数料824円で国内の銀行口座へ引き出すことが可能です。
入金した逆順での返金処理となります。カードAで30,000円入金した後にカードBで20,000円入金していた場合、まずはカードBで20,000円出金(返金)された後にカードAで30,000円出金(返金)されます。
いいえ。PayPal(ペイパル)では出金できません。
いいえ。ネット専用Visaのプリペイドカード「Vプリカ」では出金できません。