Tradeview(トレードビュー)の信頼性は?ライセンスや信託保全について

プロ志向の海外FXブローカー「Tradeview Forex」の会社概要や保有するライセンス、取引の公平性、資金の保全体制など、安全性や信頼性に関する情報をまとめました。

  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • 透明性の高いECN方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • プロトレーダー御用達の老舗ブローカー

Tradeview Forexの会社概要、所在地、保有ライセンス

Tradeview LTDは「Tradeview Forex」「Tradeview Stocks」「Trade Gate Hub」「Tradeview Prime」の計4つのサービスを展開するインターネット証券会社で、実は2004年から運営されている超老舗です。

当初は日本在住者を受け入れていなかったTradeviewですが、2015年より日本人向けのサービス提供を始め、現在はWebサイトの殆どが日本語化され、日本人スタッフによるメールサポートも受けられるようになりました。まだまだ日本ではマイナーな業者ではあるものの、今後の発展が見込める業者です。

現在はイギリス領ケイマン諸島最大の島であるグランドケイマン(Grand Cayman)に籍を置いています。所在地は94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Cayman Islands。

ケイマン諸島は世界有数のタックスヘイブンとして知られており、所得や利益、財産、キャピタルゲイン、売上、遺産、相続等が全て非課税。約300の銀行に約800の保険会社、そして約1万ものファンドなど、世界中の金融機関がひしめき合う金融大国で、それらを監視するのがケイマン諸島金融庁(CIMA)です。

TradeviewもCIMAのライセンス(585163)を取得していて、海外FXブローカーとしてはトップクラスの信頼性を有しているといえるでしょう。

Tradeviewと日本金融庁の関係性

Tradeviewは日本金融庁から「無登録業者」に指定されている

日本金融庁は「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」というリストを公開しており、金融庁が警告書の発出を行ったとされる業者の名前および所在地等が列挙されています。

XMやAXIORYやTitan FXといった主だった海外FXブローカーはことごとくリストアップされ、もちろんTradeviewも入っています。

無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

なぜTradeviewは日本金融庁に認可されないのか

DMM FXやGMOクリック証券といった日本のFX業者は、日本の金融庁から認可された上で運営されています。対し、Tradeviewはじめとする海外ブローカーは総じて日本の金融庁に登録しておらず、故に「無登録業者」と警戒されることもたびたびですが、「金融庁に無登録だから危険」という文言はいらぬ誤解を招きかねません。

そもそも、なぜTradeviewは日本の金融庁に登録していないのでしょう。その答えは明確で、単に「海外業者」だからです。海外業者が日本金融庁に認可されることはありません。

しかしながら、先述したとおりTradeviewはケイマン諸島の証券会社であり、日本金融庁よりも信頼性が高いとされるケイマン諸島金融庁(CIMA)の監視のもと運営されています。「無認可」「無登録」というのは日本という枠組み内に限った話であり、「無登録業者は危ない」というのは甚だしい勘違いと言わざるを得ません。

日本人向けにサービスを提供するTradeview、違法ではないのか

日本の金融庁に認可されていない業者が日本国内で金融サービスを提供すると金融商品取引法違反となりますので、「無認可にも関わらず日本向けにFXをやってるTradeviewも違法なのでは?」という声が聞こえてきそうですが、実のところ法的には何ら問題無いのです。

TradeviewのWebページの最下部を注視してみると、そこには金融商品取引が国内法や規制により制限された国の居住者を対象としておらず、弊社はその法的管轄下の地域の方にサービスへの勧誘と考えられる業務を行う事はございません。」と明記されていますよね?あくまでも「海外に住んでいる日本人向け」というかたちで提供されているため、日本の法律は及びません。

十二分に確保された取引の透明性

Tradeview Forexでは現在「MetaTrader 4 ILC口座」「MetaTrader 5口座」「cTrader口座」「Currenex Viking口座」の4種類の口座を提供しており、Viking口座はSTP方式、それ以外の口座はECN方式という取引形態をとっています。

STP方式とECN方式、若干の違いはあれど両者ともにNDD(ノンディーリングデスク)方式なので、我々トレーダーが出した注文は業者のディーラーを介すことなく自動的に裁かれる、公平かつクリーンな構造です。

NDDは「STP」「ECN」の2つに分けられます。

STP(Straight Through Processing)方式
STP方式は一旦業者のサーバーを介す仕組みで、業者の利益分が含まれたやや広めのスプレッドが提示されますが、取引手数料は掛かりません。
ECN(Electronic Communications Network)方式
ECN方式は、ブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する取引方式で、現在最も透明性の高い取引形態といえます。スプレッドとは別に取引手数料が掛かるものの、スプレッドには業者の取り分は含まれていないため、トータルコストが抑えられるのもECNのメリットです。

対し、多くの国内業者が採用しているのは「DD」(ディーリング・ディスク)方式で、言葉通りディーラーが介在する取引形態です。トレーダー対ディーラーとディーラー対カバー先機関という2つの層で成り立っています。

トレーダーが買い注文を出した場合、業者は売り注文で受けることになるため、 トレーダーと業者間で利益相反が生まれてしまいます。トレーダーが儲かれば儲かるほど業者は損をし、トレーダーが損をすれば業者儲かるという構造なので、ディーラーは「負けるであろう初心者トレーダー」の注文を積極的に呑むことで利を得ているのです。逆に、短期売買で爆益を叩き出す凄腕スキャルパーは脅威であり、「スキャルピングで儲けすぎて口座凍結された」なんて例は別段珍しくありません。

ブラックボックスとも言うべき収益構造と企業努力により、海外業者よりも低いスプレッドを提示出来ていますが、約定拒否や滑り(スリッページ)といったいわゆる“隠れスプレッド”が問題視されています。

追証が発生しないゼロカットシステム

国内業者は例外なく「追証」(おいしょう)が設けられています。追証とは「追加証拠金」の略称で、証拠金の維持率が一定水準を下回った場合に発生する追加の担保で、ひとたび発生した追証は必ず支払わなければなりません。

スイスフランショックやイギリスEU離脱国民投票のようなビッグイベントの際、相場は目まぐるしく変動するため、本来頼りになるはずの「強制ロスカット」が発動しないことがあります。あまりにも相場変動が大きいと、口座残高がゼロを振り切ってマイナスへ達してしまう恐れもあり、そのマイナス分は全額追証として請求されますので、常に不意の借金のリスクを抱えた状態で取引することになります。

一方の海外FXは、「追証なし・ゼロカット制度有り」が当たり前で、Tradeviewでも全ての口座に対しゼロカット制度を設けています。ゼロカットとは、万が一生まれてしまった口座のマイナス分を業者が補填、言い換えればチャラにしてくれるという心強い制度で、ゼロカット有りのTradeviewなら口座以上の損失は生まれません。

分別管理+最大35,000ドルの信託保全

顧客の証拠金および利益はすべてスペインのサンタンデール銀行に分別管理されているため、預けた資金が運営資金に流用される危険性は低いと言えます。

サンタンデール銀行とは
サンタンデール銀行(Banco Santander S.A.)とは、スペインのマドリードに本店を置く銀行で、スペイン最大の商業銀行グループです。2017年時点での総資産は1068億ユーロ = 約13兆円。

分別管理に加え、最大35,000ドル = 約380万円の信託保全も設けられているので、仮にTradeviewが破綻しても35,000ドルまでなら保障されます。

出金拒否の噂、可能性について

「儲けすぎて出金拒否」はあり得ない

まず断言できるのは、儲けすぎて出金拒否される可能性はゼロに等しいということ。

NDD方式を採用しているTradeviewは純粋にスプレッドのみで儲けていますから、トレーダーが取引すればするほど勝ち負け関係なくTradeview側も儲かる仕組みとなっています。むしろ儲けまくるトレーダーはお得意さんです。

マネーロンダリングを防ぐための出金ルールを知っておこう

マネーロンダリングを防ぐため、Tradeviewでは「入金ルートと出金ルートを統一する」というルールを設けており、これをしっかり理解しておかないとスムーズに出金できません。

例えばカードで5万円を入金した場合、出金する際5万円までは必ずカードへ出金(返金)しなくてはなりません。bitwalletで入金した場合はbitwalletで出金しなくてはなりません。

カードで入金したにも関わらず全額bitwalletで出金したり、bitwalletで入金したにも関わらず全額STICPAYで引き出すといったことは出来ません。

海外送金する際はSWIFTコードを持つ銀行が必須

Tradeviewに限らず、海外業者からの送金を受け取るためには、SWIFTコードを持つ銀行の口座が必要になります。多くの銀行はSWIFTコードを有していますが、ジャパンネット銀行やセブン銀行など一部銀行にはそれが無いため、前もって調べておきましょう。

銀行名 金融機関コード SWIFTコード
都市銀行
みずほ銀行 0001 MHCBJPJT
三菱UFJ銀行 0005 BOTKJPJT
三井住友銀行 0009 SMBCJPJT
りそな銀行 0010 DIWAJPJT
埼玉りそな銀行 0017 SAIBJPJT
新たな形態の銀行
ジャパンネット銀行 0033 なし
セブン銀行 0034 なし
ソニー銀行 0035 SNYBJPJT
楽天銀行 0036 RAKTJPJT
住信SBIネット銀行 0038 NTSSJPJT
じぶん銀行 0039 JICRJPJ1
イオン銀行 0040 未定
大和ネクスト銀行 0041 DNEXJPJT
地方銀行
北海道銀行 0116 HKDBJPJT
青森銀行 0117 AOMBJPJT
みちのく銀行 0118 MCHIJPJT
秋田銀行 0119 AKITJPJT
北都銀行 0120 HOKBJPJT
荘内銀行 0121 SNAIJPJT
山形銀行 0122 YAMBJPJT
岩手銀行 0123 BAIWJPJT
東北銀行 0124 TOHKJPJ1
七十七銀行 0125 BOSSJPJT
東邦銀行 0126 TOHOJPJT
群馬銀行 0128 GUMAJPJT
足利銀行 0129 ASIKJPJT
常陽銀行 0130 JOYOJPJT
筑波銀行 0131 KGBKJPJT
武蔵野銀行 0133 MUBKJPJT
千葉銀行 0134 CHBAJPJT
千葉興業銀行 0135 CHIKJPJT
きらぼし銀行 0137 TOMIJPJT
横浜銀行 0138 HAMAJPJT
第四銀行 0140 DAISJPJT
北越銀行 0141 HETSJPJT
山梨中央銀行 0142 YCHBJPJT
八十二銀行 0143 HABKJPJT
北陸銀行 0144 RIKBJPJT
富山銀行 0145 なし
北國銀行 0146 HKOKJPJT
福井銀行 0147 FKUIJPJT
静岡銀行 0149 SHIZJPJT
スルガ銀行 0150 SRFXJPJT
清水銀行 0151 SMZGJPJT
大垣共立銀行 0152 OGAKJPJT
十六銀行 0153 JUROJPJT
三重銀行 0154 MIEBJPJT
百五銀行 0155 HYKGJPJTTSU
滋賀銀行 0157 SIGAJPJT
京都銀行 0158 BOKFJPJZ
近畿大阪銀行 0159 OSABJPJS
池田泉州銀行 0161 BIKEJPJS
南都銀行 0162 NANTJPJT
紀陽銀行 0163 KIYOJPJT
但馬銀行 0164 TJMAJPJZ
鳥取銀行 0166 BIRDJPJZ
山陰合同銀行 0167 SGBKJPJT
中国銀行 0168 CHGKJPJZ
広島銀行 0169 HIROJPJT
山口銀行 0170 YMBKJPJT
阿波銀行 0172 AWABJPJT
百十四銀行 0173 HYAKJPJT
伊予銀行 0174 IYOBJPJT
四国銀行 0175 SIKOJPJT
福岡銀行 0177 FKBKJPJT
筑邦銀行 0178 CHIHJPJT
佐賀銀行 0179 BKSGJPJT
十八銀行 0180 EITNJPJT
親和銀行 0181 SHWAJPJT
肥後銀行 0182 HIGOJPJT
大分銀行 0183 OITAJPJT
宮崎銀行 0184 MIYAJPJT
鹿児島銀行 0185 KAGOJPJT
琉球銀行 0187 RYUBJPJZ
沖縄銀行 0188 BOKIJPJZ
西日本シティ銀行 0190 NISIJPJT
北九州銀行 0191 KITQJPJ1
信託銀行
三菱UFJ信託銀行 0288 MTBCJPJT
みずほ信託銀行 0289 YTBCJPJT
三井住友信託銀行 0294 STBCJPJT
日本マスタートラスト信託銀行 0297 MTBJJPJT
ステート・ストリート信託銀行 0299 SSTBJPJX
SMBC信託銀行 0300 SGTBJPJT
野村信託銀行 0304 NMTBJPJT
オリックス銀行 0307 OTBCJPJT
GMOあおぞらネット銀行 0310 未定
農中信託銀行 0311 NCTBJPJ1
新生信託銀行 0320 SHTCJPJ1
証金信託銀行 0321 JSTCJPJ1
日本トラスティ・サービス信託銀行 0324 JTSBJPJT
資産管理サービス信託銀行 0325 TCSBJPJT
かつての長期信用銀行
新生銀行 0397 LTCBJPJT
あおぞら銀行 0398 NCBTJPJT
第二地方銀行
北洋銀行 0501 NORPJPJP
きらやか銀行 0508 SHIAJPJT
北日本銀行 0509 KNPBJPJT
仙台銀行 0512 SEDIJPJ1
福島銀行 0513 FKSBJPJ1
大東銀行 0514 DATTJPJ1
東和銀行 0516 TOWAJPJT
栃木銀行 0517 TOCIJPJT
京葉銀行 0522 KEIBJPJT
東日本銀行 0525 HNPBJPJT
東京スター銀行 0526 TSBKJPJT
神奈川銀行 0530 KANGJPJ1
大光銀行 0532 TAIKJPJ1
長野銀行 0533 NAGAJPJZ
富山第一銀行 0534 FBTYJPJ1
福邦銀行 0537 FUHOJPJ1
静岡中央銀行 0541 なし
愛知銀行 0542 AICHJPJN
名古屋銀行 0543 NAGOJPJN
中京銀行 0544 CKBKJPJN
第三銀行 0546 DSBKJPJT
関西アーバン銀行 0554 KSBJJPJS
大正銀行 0555 なし
みなと銀行 0562 HSINJPJK
島根銀行 0565 SHMMJPJ1
トマト銀行 0566 TOMAJPJZ
もみじ銀行 0569 HRSBJPJT
西京銀行 0570 SAKBJPJZ
徳島銀行 0572 TKSBJPJZ
香川銀行 0573 KGWBJPJZ
愛媛銀行 0576 HIMEJPJT
高知銀行 0578 KOTIJPJT
福岡中央銀行 0582 未定
佐賀共栄銀行 0583 未定
熊本銀行 0587 KUMAJPJZ
豊和銀行 0590 HOWAJPJT
宮崎太陽銀行 0591 MITYJPJ1
南日本銀行 0594 MINPJPJ1
沖縄海邦銀行 0596 OKWAJPJ1
信用金庫
信用金庫中央金庫 1000 ZENBJPJT
横浜信用金庫 1280 YOKOJPJM
朝日信用金庫 1303 ASKBJPJT
東京東信用金庫 1320 CHSBJPJT
城南信用金庫 1344 JSBKJPJT
城北信用金庫 1351 OJISJPJT
巣鴨信用金庫 1356 SSHBJPJT
多摩信用金庫 1360 TAMAJPJT
岐阜信用金庫 1530 GFSBJPJZ
岡崎信用金庫 1552 OKSBJPJZ
瀬戸信用金庫 1554 SSBKJPJZ
京都信用金庫 1610 KYSBJPJZ
京都中央信用金庫 1611 KCHUJPJY
大阪シティ信用金庫 1635 OSACJPJS
尼崎信用金庫 1688 AMASJPJZ
大川信用金庫 1917 OHSHJPJ1
ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行 9900 JPPSJPJ1
  • 業界最安級のスプレッド・取引コスト
  • 透明性の高いECN方式
  • 新時代の取引ツール「cTrader」対応
  • プロトレーダー御用達の老舗ブローカー