BTC取引ならFXGT!今なら新規登録で1万円ボーナス貰える

ThreeTraderの口座タイプ|Pure口座とRaw口座の違いと選び方

海外FXブローカー「ThreeTrader」では、「Pureスプレッド口座」と「Rawゼロ口座」の2つの口座タイプを提供しています。

これからThreeTraderで取引を始めようと考えている方は、どちらの口座を選ぶべきか、悩んでいるのではないでしょうか?

この記事では、各口座タイプの特徴や違い、選び方などについて詳しくまとめました。

Pureスプレッド口座 vs Rawゼロ口座 比較表

まずはブレード口座とスタンダード口座の仕様を比べてみましょう↓ 相違点のみ太文字でマークしました。

PureスプレッドRawゼロ
口座の方式STP方式ECN方式
1lotの価値10万通貨10万通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)0.01(1,000通貨)
最大ロット80.00 (800万通貨)80.00 (800万通貨)
レバレッジ1倍~500倍1倍~500倍
スプレッド狭い極めて狭い
手数料無し往復400円(0.4pips相当)
追証無し無し
ゼロカットありあり
ロスカット水準20%以下20%以下
プラットフォームMT4MT4
最低入金額1万円
または100ドル
10万円
または1,000ドル
信託保全無し無し
ボーナス無し無し
FX通貨ペア60種類60種類
株式指数CFD20種類20種類
貴金属CFD3種類3種類
エネルギー(原油)CFD2種類2種類
仮想通貨CFD14種類14種類

「Pureスプレッド口座」の特徴

スプレッドが狭いのに手数料なし

Pureスプレッド口座は、その名前からもわかるとおり、取引にかかるコストはスプレッド(買値と売値の差額)のみで、取引手数料は発生しません。

スプレッドは、USDJPY(米ドル/日本円)ペアが平均0.6pips、EURJPY(ユーロ/米ドル)ペアが平均0.7pips、EURUSD(ユーロ/米ドル)ペアが平均0.5pips。

メジャーな通貨ペアなら1.0pipsを切る低スプレッド取引できるので、スキャルピングも快適にこなせるレベルといえるでしょう。

最低入金額が1万円〜と安い

Pureスプレッド口座の最低入金額は1万円、米ドル建て口座の場合は100ドルです。

対となるRawゼロ口座はその10倍、10万円が最低入金額となっているため、ハードルが低い初心者向け口座という位置づけになります。

少ない資金から始めるならPureスプレッド口座がおすすめ!

Pureスプレッド口座はスプレッドが狭いのに手数料が発生せず、しかも最低入金額が1万円〜と安いので、少ない資金からトレードを始めたい人におすすめです。

「Rawゼロ口座」の特徴

スプレッドがほぼゼロ

Rawゼロ口座は、Pureスプレッド口座よりもさらにスプレッドが狭く、限りなくゼロに近いスプレッドが取引が可能です。

USDJPY(米ドル/日本円)ペアが0.1pips、EURJPY(ユーロ/米ドル)ペアが平均0.2pips、EURUSD(ユーロ/米ドル)ペアが平均0.0pips。

瞬間的にこの数字が出るわけではなく、ほぼ常に0pips近くで安定しています。

1ロット(10万通貨)あたり400円の手数料がかかる

スプレッドが信じられないほど狭いRawゼロ口座ですが、スプレッドとは別に取引手数料が発生します。

取引手数料の金額は1ロット(10万通貨)の取引あたり400円、または4ドルで、スプレッドに換算すると0.4pipsに相当します。

つまり、表示されているスプレッドに0.4pipsを足すと、実際の取引コストがわかります。

スプレッドと取引手数料を合わせた実質スプレッドは、USDJPYが0.5pips、EURJPYが0.6pips、EURUSDペアが平均0.4pipsで、僅かではあるもののPureスプレッド口座よりも安くなります。

最低入金額が10万円〜と高い

Rawゼロ口座の最低入金額は10万円、米ドル建て口座の場合は1,000ドルです。

Pureスプレッドよりも敷居が高くなっていますが、スプレッド狭さを享受したいなら10万円を入金する価値はあるのではないでしょうか。

スプレッド・取引コストの安さを追求するならRawゼロ口座がおすすめ!

Rawゼロ口座は、スプレッドがほぼゼロで、別途かかる手数料を加味してもPureスプレッド口座よりもコストを抑えられます。

最低入金額が10万円〜と高いのはネックになりますが、コストを少しでも削って有利な環境でトレードしたい人は、一度使ってみる価値はあるでしょう。

追加口座を作って使い分けるも良し

ThreeTraderでは、同一名義で複数の取引口座を持つことができます。

追加口座を作る際にPureかRawかを選べるので、実際に2つの口座タイプを使い比べてみて、自分に適したほうを使い続ければ良いと思います。

また、基本通貨(JPY・USD)やレバレッジも個別に設定できるため、用途やトレードスタイルに合わせて複数の口座を使い分けることもできます。

追加口座は、ThreeTraderのクライアントキャビネット(マイページ)から簡単に作ることができて、追加の書類提出などは不要です。

口座選びにまつわるQ&A

後から口座のタイプを変えることは出来ますか?

一度開設した口座のタイプを変えることは出来ません。

異なる口座タイプを使いたいときは、ThreeTraderのクライアントキャビネット(マイページ)から追加口座を作りましょう。

すべての口座にゼロカット制度は設けられていますか?

はい。ThreeTraderではすべての口座に対しゼロカット制度が導入されているので、追証は発生せず、口座資金以上の損失や借金が生まれる恐れはありません。

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座、入出金方法に違いはありますか?

いいえ。入出金方法は全く同じで、国内銀行送金・bitwallet・USDTのいずれかで入金が可能です。

ThreeTraderの入金方法については、別記事「ThreeTraderの入金方法をスクリーンショット付きで徹底解説」にまとめています。