FXGTで新規口座開設で1万円ボーナス貰える!

iOS版MT4・MT5がAppStoreから消滅!ロシア制裁?原因と対策

2022年9月24日に突如としてiOS版MT4・MT5アプリがAppStoreから姿を消し、この記事を書いている9月26日も新規インストールできない状況が続いている。

「ロシア制裁の巻き添えを食らったか」「偽物アプリと一緒に消された」など、様々な噂や憶測が飛び交っており、不安を抱えているトレーダーも多いでしょう。

まだ断定的な情報は揃っていないものの、ひとまず現状とトレーダー側で出来る対策についてまとめました。

iOS版MT4・MT5がAppStoreから消滅

まずは現状から整理すると、iOS版のMT4・MT5アプリがAppleのAppStore上から消えていて、新規インストールができなくなっています。

ただ、開発元であるMetaQuotes Software Corp.のページは残っており、MT4・MT5以外のアプリはインストールできる状況です。

なので、開発元まるごと消されたのではなく、MT4・MT5アプリのみがピンポイントで削除されたということになります。

再インストールは可能

現状、アプリの新規インストールはできませんが、再インストールなら可能です。

過去MT4・MT5をインストールしたことがあるApple IDでAppStoreへログインすれば、「購入済み」のページから再インストールが可能なので、もしiPhone・iPadからMT4・MT5を消してしまっても再度入手できます。

ただし、今後もずっと再インストールができるかは分からないので、既にMT4・MT5を使っている人は消さずに残しておくことをおすすめします。

MT4・MT5アプリ削除の原因は?

MT4・MT5アプリが削除された原因が気になるところですが、まだはっきりした事実はわかっておらず、断片的な情報や噂が飛び交っています。

公式発表「Appleに一方的に消された」

MetaQuotesの公式発表によれば、「Appleに一方的に消された」「なるべく早く復活できるよう出来ることは全てやっている」とのことです。

ただ、一部で噂されているロシア規制や、偽アプリとの関係については一切触れておらず、削除に至った経緯についてはわかりません。

FX業者関係者A「偽アプリの巻き添えを食らったか」

とあるFX業者の関係者の見解では、偽アプリの巻き添えを食らって削除されてしまったのでは?とのこと。

数ヶ月間、MetaTraderの偽アプリが公開されており、多数のクレームが寄せられたため、Appleが偽物も本物も削除したという説です。

もしこの説が本当であれば、そう遠くないうちに復活するはずです。

FX業者関係者B「ロシア制裁の影響か

MetaTraderの開発元であるMetaQuotes社はもともとロシアの会社で、現在はキプロスに拠点を移しているものの、ロシアとの関与がないとは言い切れません。

また別のFX業者の関係者は、昨今のロシア規制の影響が及んだのでは?との見解を述べています。

ウクライナ侵攻が始まった当初も、MetaTraderがロシア規制の影響を受けるのではと噂されましたが、その後は何事もなく配信され続けていました。

しかし、ここにきて米国はロシアへの規制をますます強めているので、米国企業であるAppleがMetaTraderを排除しても不思議ではありません。

Android版、PC版、Web版は入手できて使える

現状では、AndroidのGoogle Playストアでは今まで通りMT4・MT5アプリが確認でき、インストールもできました。

しかし、もしロシア規制が削除の原因だとすれば、Android版も姿を消す可能性が高いです。

また、パソコン版やWeb版のMT4・MT5も変わらず配信されていて、普段どおりトレードできました。

トレーダーができる対策は?

今回のiOS版MT4・MT5の削除を受けて、我々トレーダーには今後どのような対策ができるのでしょう。

Androidやパソコンでトレードする

真っ先に思いつく対策としては、これから初めてMetaTraderを使うトレーダーは、Androidやパソコンを使ってトレードするということです。

iOS版が使えない以上、他のOSで対応していくしかありません。

幸いにもMT4・MT5どちらもAndroid版が用意されていますし、WindowsやMacでも使うことができます。

独自アプリ・ツールを提供している業者を使う

最近では、自社のアプリや取引ツールを提供している海外FX業者が増えてきたので、それらを使うという手もあります。

有名な業者でいえば、XMTradingExnessBigBossは自社アプリを提供していて、取引システムはMT5をベースにしていますが、現在もインストールして使うことができます。

また、完全に自前の取引プラットフォームを提供している業者もあり、iFOREXeasyMarketsなどがその代表例です。

MetaTraderに一切依存していないので、今後使えなくなる可能性は低いでしょう。

cTraderやTradingViewへ乗り換える

MetaTraderそのものに見切りをつけて、cTraderやTradingViewなど別会社が開発するプラットフォームへ乗り換える方法も考えられます。

例えば、AXIORYという業者ではMT4・MT5・cTraderに対応しているので、万が一MetaTraderが本格的に規制されたとしてもcTraderへすぐ乗り換えることができます。

また、TradingViewを併用するのも良いでしょう。

TradingViewそのもので注文を出すには、TradingView対応のFX業者を使う必要がありますが、残念ながらかなり限られています。

しかし、インジケータや分析ツールが他のプラットフォームよりも優れているため、チャート分析するにはこの上なく優秀です。

FX業者各社からの案内