【2020年版】読者が選んだ海外FX業者ランキング

iFOREXの口座開設、ボーナス獲得、書類提出の流れを詳しく解説

海外のFX業者「iFOREX」(アイフォレックス)の口座開設方法を紹介します。アカウントの登録からボーナスを獲得、必要書類をアップロードなど、一連の流れを画像交えながらまとめました。

STEP 1. アカウント登録

まずはiFOREXのアカウント登録を行います。

iFOREXの公式Webページへアクセスし、「口座開設」ボタンをクリック。

「今すぐ無料口座開設」というページへ移ったら、名前と姓をローマ字で記入し、iFOREXからのお知らせを受け取るメールアドレスと電話番号を入力したら、「口座開設」ボタンを押しましょう。

なお、電話番号は先頭の「0」を消して入力します。例えば「090-1234-5678」なら「9012345678」となります。

ロボット避けのためのセキュリティコードが表示されるので、画像の下の欄にそれを入力。「利用規約およびお客様情報の扱いを読んだ上で理解・承諾しました。」にチェックし、「続行」ボタンを押します。

STEP 2. 初回入金してボーナスを獲得

アカウント登録が済むと「iFOREXへようこそ!」というポップアップが表示されます。「入金してボーナスをもらう」ボタンをクリックし、初回入金を行いましょう。

ちなみに、iFOREXでは初回入金に対して10万円を上限とする100%ボーナスを提供していて、入金額と同額の証拠金を「トレーディングチケット」として受け取ることができます。

リアルマネーと合わせて証拠金として使うことができるので、本来よりもレバレッジの高い取引ができます。なお、トレーディングチケットをそのまま出金することはできませんが、トレードで得た利益は無条件で出金できます。

「支払い方法を選択してください」というページへ飛んだら、クレジットカード・デビットカード、bitwallet、国内送金(現地銀行/電信送金)、海外送金(現地銀行/電信送金)のいずれかの入金方法を選びます。

どの方法を選んでいただいても問題ありませんが、海外送金は手数料も時間もかかるためおすすめできません。

今回の例では、オンラインウォレットサービス「bitwallet」を用いて入金を行いたいと思います。

bitwallet(ビットウォレット)とは、現在多くの海外FXブローカーが入出金方法として採用しているオンライン決済サービスで、手数料を抑えつつスピーディーな入出金ができることで知られています。

口座を作る段階で書類のアップロードを求められ、その過程がやや面倒ではあるものの、iFOREX含め多くのFX業者で使える決済サービスなので、尻込みせず開設することをおすすめします。

bitwalletとは?できることや利点・弱点、注意点などを解説します

bitwalletでiFOREXへ送金する際は、金額問わず一律100円の手数料が引かれて取引口座へ反映されます。今回20,000円を振り込んだところ、iFOREXの口座には19,900円が着金しました。

初回入金が完了すると、「あなたの取引口座への初回入金が最近行われたことを確認しました。」というメールが届き、本人確認のための書類を提出するよう促されます。

念のため「iFOREXウェブトレーディング」へログインして、入金とボーナスが反映されているかを確かめましょう。下の画像のとおり、「証拠金残高」に入金額が、「トレーディングチケット」に入金額と同額(最大10万円)が反映されていれば問題ありません。

STEP 3. 詳しい個人情報を登録

続いて、詳しい個人情報を登録していきます。iFOREXウェブトレーディングへログインすると、「続行するには、口座確認を行ってください。」というページが表示されるはずなので、「開始」ボタンを押します。

もし以下のような表示がされなければ、ページ左上のアカウント名をクリックして「マイアカウント」を開き、「アンケートへ移動」というボタンを押しましょう。

性別、名前、電話番号、国籍、住所と郵便番号をすべてローマ字表記で入力していきます。

このとき、住所のフォーマットに気をつけましょう。日本語表記の場合は「都道府県 → 市区町村 → 地区名 → 丁目・番地・号 → 部屋番号」という並びになりますが、英語表記の場合はその逆で、「部屋番号 → 丁目・番地・号 → 地区名 → 市区町村 → 都道府県」というフォーマットになります。例↓

  • 「東京都 千代田区 霞が関 3丁目2-1 為替マンション456号室」:「456, 3-2-1 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo」
  • 「北海道 札幌市 中央区 1丁目2-18」:「1-2-18 Chuo-ku, Sapporo-shi, Hokkaido」
  • 「兵庫県 神戸市 須磨区 5丁目3-8 金融ビル7階」:「7F, 5-3-8 Suma-ku, Kobe-shi, Hyogo-ken」

「次へ」ボタンを押すと、2ページ目に移ります。

2ページ目では、生年月日、マイナンバー、職業、資金源、年収、純資産、予定投資金額の入力を求められます。生年月日は、日・月・西暦の順になります。

入力を終えたら「終了」ボタンをクリック。

「ありがとうございました。」のページが表示されたら、「続行」ボタンをクリックして取引ページへ戻りましょう。

STEP 4. 身分証明書と現住所の証明をアップロード

初回入金と詳しい個人情報の入力を終え、ひとまず準備は整いました。このままトレードを始めても良いのですが、後に行うであろう利益の出金に備えて、「身分証明書」と「現住所の証明」をアップロードしてしまいましょう。必要書類の提出を済ませないと、いざたくさん稼いだところで1円たりとも出金できないからです。

身分証明書とは公的機関が発行した顔写真付きの証明書(免許証やパスポートなど)で、現住所確認書とは自身の氏名と現住所が確認できる書類(公共料金領収書や住民票の写しなど)を指しています。以下のいずれか1点を提出します。

書類有効期限カラー白黒
自動車運転免許証期限内のものOKNG
パスポート期限内のものOKNG
マイナンバーカード期限内のものOKNG
住民基本台帳カード期限内のものOKNG
障害者手帳期限内のものOKNG
外国人登録証期限内のものOKNG
在留カード期限内のものOKNG
特別永住者証明書期限内のものOKNG

現住所の証明とは、自身の現住所と名前が書かれた書類で、以下のいずれか1点を提出します。

書類有効期限カラー白黒
公共料金の請求書・領収書発行から6ヶ月以内OKOK
クレジットカードや銀行の請求書・利用明細発行から6ヶ月以内OKOK
携帯電話や固定電話の請求書・領収書発行から6ヶ月以内OKOK
住民票の写し発行から6ヶ月以内OKOK
印鑑証明書発行から6ヶ月以内OKOK
納税通知書発行から6ヶ月以内OKOK
住所が印字された健康保険証期限内のものOKOK

iFOREXウェブトレーディングへログインしたら、ページ右上のアカウント名をクリックし、「マイアカウント」に表示されている「書類のアップロード」ボタンをクリックします。

身分証明書と現住所の証明を「ブラウズ」ボタンから1点ずつアップロードしましょう。



提出した書類はiFOREXのスタッフにより審査され、登録情報との相違がなければ、iFOREXウェブトレーディングの「マイアカウント」にある「本人確認」の項目が緑色に切り替わります。

書類のアップロードが完了すれば、取引および入出金すべての機能が使えるようになります。

  • FX、個別株、仮想通貨など他社を圧倒する銘柄数
  • レバレッジ最大400倍
  • ゼロカット水準0%
  • 太っ腹なボーナス