【2020年版】読者が選んだ海外FX業者ランキング

HotForexの口座タイプの選び方|プレミアム、マイクロ、ZERO、AUTO

海外FXブローカー「HotForex」(ホットフォレックス)が提供する4口座「プレミアム口座」「マイクロ口座」「ZERO口座」「AUTO口座」それぞれの特徴や違い、選び方のポイントなどを分かりやすくまとめました。

「これからHotForexで口座開設したいけど、はたしてどの口座を選ぶべきか?」「各口座の違いがよくわからない」という方はぜひ参考にしてください。

  • 最大1000倍レバレッジ
  • 超豪華なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • FXのみならず海外個別株や債権まで取引可

入金額x100%ボーナスが貰える!

HotForexで口座開設する HotForexの詳細へ

HotForex 口座タイプ比較表

プレミアム口座 マイクロ口座 ZERO口座 AUTO口座
口座の方式 STP方式 STP方式 ECN方式(?) STP方式
1lotの価値 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小ロット 0.01(1,000通貨)
最大ロット 60(600万通貨) 7(70万通貨) 60(600万通貨) 60(600万通貨)
レバレッジ 1倍~500倍 1倍~1,000倍 1倍~500倍 1倍~500倍
スプレッド 標準的 標準的 狭い 標準的
手数料 無し 無し 6~8ドル
(0.6~0.8pips相当)
無し
追証 無し
ゼロカット あり
ロスカット水準 20%以下 10%以下 20%以下 20%以下
プラットフォーム MT4、MT5 MT4、MT5 MT4 MT4
最低入金額 100ドル 5ドル 200ドル 100ドル
資金保全 分別管理のみ
100%スーパーチャージボーナス 選べる 選べない 選べない 選べる
100%クレジットボーナス 選べる 選べる 選べない 選べる
30%レスキューボーナス 選べる 選べる 選べない 選べる
FX通貨ペア 53種類 53種類 52種類 53種類
貴金属CFD 4種類 4種類 4種類 4種類
エネルギー(原油)CFD 4種類 4種類 4種類 4種類
コモディティCFD 4種類 4種類 4種類 4種類
株式指数直物CFD 11種類 11種類 11種類 11種類
株式指数先物CFD 11種類 11種類 11種類 11種類
海外個別株CFD 56種類 56種類 56種類 56種類
仮想通貨CFD 8種類 8種類 8種類 8種類
債権CFD 3種類 3種類 3種類 3種類

プレミアム口座:最低入金額高めだが全ボーナス対象

真っ先におすすめしたいのが、万人受け間違い無しの「プレミアム口座」です。

プレミアム口座は、HotForexが用意する3つのボーナスすべてが対象となる口座で、開設時に好みのボーナスを1つ選ぶことができます。最低入金額はマイクロ口座(5ドル〜)よりも高い100ドル〜に設定されています。

プレミアムと謳っているものの口座のスペックは極めて標準的で、取引形態(STP方式)やスプレッドや約定速度は後述するマイクロ口座と同じです。スプレッドはUSDJPYで1.7pips前後、EURUSDで1.1pips前後、GBPUSDでは1.7pips前後を推移。日本人に人気のあるXMTradingと同水準で、Titan FXやAXIORYのスタンダード口座には一歩及びません。

最小ロットは0.01ロット = 1,000通貨、最大ロットは60ロット = 600万通貨。レバレッジは最大500倍で、証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットが発動されます。取引プラットフォームはMetaTrader 4かMetaTrader 5から選べますが、諸々のボーナスを受け取れるのはMT4口座のみ。

マイクロ口座:たった5ドルから始められる初心者向け口座

「マイクロ口座」最低入金額が5ドル〜と低いため、一見すると初心者向けという扱いにも思えますが、1,000倍という桁違いのハイレバレッジ、なおかつロスカットレベルは10%という低水準で、ギャンブル性の高いハイレバトレードに向いた口座となっています。

1ロットの価値はスタンダード口座と同じく10万通貨で、XMTradingのマイクロ口座のように100分の1(1,000通貨)にはなりません。ただし1ポジションあたりの最大ロットは低く、他の口座は60ロット = 600万通貨まで持てるのに対しマイクロ口座は7ロット = 70万通貨止まりで、それ以上保有するためには分割して注文せねばなりません。

100%クレジットボーナスと30%レスキューボーナスは受け取り対象ですが、100%スーパーチャージボーナスは受け取れません。注意しましょう。また、取引プラットフォームはMetaTrader 4かMetaTrader 5から選べるものの、諸々のボーナスを受け取れるのはMT4口座のみ。

ZERO口座(ゼロスプレッド口座):ボーナス対象外だがスプレッドと取引コストが激安

今後長期にわたってスキャルピングをしまくりたい方は、「ZERO口座」を選ぶと良いでしょう。

ZERO口座(別名:ゼロスプレッド口座)は、ボーナスが一切貰えないかわりにスプレッドが狭い口座で、スプレッドとは別に「取引手数料」が発生するもののトータルコストは他口座のスプレッドより安上がりです。

スプレッドと手数料が掛かることから、「ZERO口座はECN方式なのでは?」との見方もできますが、公式サイトでは一切ECNと謳われていないため真相のほどは不明です。そもそも、MT4がECNに最適化されていない(取引板が見れない)ため、仮にECNを謳っていたとしても恩恵はあまり受けられないでしょう。

STPかECNかはさておき、スプレッドがめちゃくちゃ狭いうえ取引手数料も1ロット = 10万通貨あたり6ドル(メジャー通貨ペア)または8ドル(マイナー通貨ペア)と良心的なので、スキャルピングとの相性は抜群です。 往復6ドルの手数料は約0.6pips分のスプレッドに相当し、EURUSDやUSDJPYならスプ0.1pips + 手数料0.6pips = 約0.7pipsが実質スプレッドGBPUSDならスプ0.3pips + 手数料0.6pips = 約0.9pipsが実質スプレッドとなるわけです。

参考までに、AXIORYのナノスプレッド口座とXMTradingのZERO口座を引き合いに出してみたところ、多くの通貨ペアにおいてHotForex ZERO口座が最も低コストという結果に。(スプレッドと手数料を合算した実質スプレッドで比較)

業界最安水準を誇るAXIORYさえ負かすほどの安さとは…隠れた優良口座!

HotForex
ZERO口座
AXIORY
ナノ口座
XMTrading
ZERO口座
AUD/JPY
豪ドル/円
平均0.5pips
(実質1.3pips)
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均1.2pips
(実質2.0pips)
AUD/USD
豪ドル/ドル
平均0.1pips
(実質0.7pips)
平均0.3pips
(実質0.9pips)
平均0.3pips
(実質1.0pips)
EUR/JPY
ユーロ/円
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.4pips
(実質1.0pips)
平均0.2pips
(実質1.4pips)
EUR/USD
ユーロ/ドル
平均0.1pips
(実質0.7pips)
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.0pips
(実質1.1pips)
GBP/JPY
ポンド/円
平均0.4pips
(実質1.0pips)
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.9pips
(実質1.4pips)
GBP/USD
ポンド/ドル
平均0.3pips
(実質0.9pips)
平均0.5pips
(実質1.1pips)
平均0.3pips
(実質1.6pips)
NZD/JPY
NZドル/円
平均0.7pips
(実質1.5pips)
平均0.8pips
(実質1.4pips)
平均2.5pips
(実質3.2pips)
NZD/USD
NZドル/ドル
平均0.3pips
(実質1.1pips)
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均1.0pips
(実質1.7pips)
USD/CAD
ドル/加ドル
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.7pips
(実質1.3pips)
平均0.6pips
(実質1.9pips)
USD/CHF
ドル/フラン
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.5pips
(実質1.1pips)
平均0.5pips
(実質1.5pips)
USD/JPY
ドル/円
平均0.1pips
(実質0.7pips)
平均0.2pips
(実質0.8pips)
平均0.1pips
(実質1.2pips)

AUTO口座(自動口座):自動売買向きだが存在意義は薄い

AUTO口座(別名:自動口座)は、その名のとおり自動売買に向いていると謳われていますが、実際のところ口座のスペックはプレミアム口座と全く同じです。しかもボーナス一切無しなので、存在意義は薄いといえるでしょう。

他の口座でも問題なく自動売買はできますので、ここではあえて紹介を省きます。

HotForexの口座選びにまつわるQ&A

MetaTrader 5(MT5)はMetaTrader 4(MT4)のアップグレード版で、選べる分足・時間足が倍以上に増えているほか、操作性や動作スピードも改善されていますので、特に理由が無い限りMT5を選ぶべきです。

しかし、プログラム言語がMQL4からMQL5へ変わったことで、インジケータやEAは互換性が無くなってしまいました。どうしてもMT4用のインジ・EAを使いたい方はMT4を、MT5用のものを使いたい方はMT5を選びましょう。

一度開設した口座のタイプを変えることは出来ません。しかし、HotForexでは同一名義で最大5つまで口座を持てますので、HotForexのマイページより追加口座を開設しましょう。
はい。HotForexではすべての口座に対しゼロカット制度が導入されているので、追証は発生せず、口座資金以上の損失や借金が生まれる恐れはありません。
  • 最大1000倍レバレッジ
  • 超豪華なボーナス
  • ゼロカット完備!追証なし!
  • FXのみならず海外個別株や債権まで取引可

入金額x100%ボーナスが貰える!

HotForexで口座開設する HotForexの詳細へ