FXGTで15,000円口座開設ボーナス配布中!

FXGTアフィリエイトは稼げる?稼ぎ方や報酬について徹底解説

海外FX業者「FXGT」では、高単価なアフィリエイトプログラムを用意しており、今取り組む人が続出しています。

当サイトでもFXGTアフィリエイトを導入していますが、おかげさまで収益の柱となっており、今後も長い付き合いになりそうです。

この記事では、実際にFXGTアフィリエイトにお世話になっている筆者が、FXGTの稼ぎ方や稼げる理由について詳しく紹介します。

FXGTアフィリエイトプログラムとは

FXGTアフィリエイトとは、360 Degrees Markets Ltdが運営する海外FX業者「FXGT」の紹介プログラムです。

FXGT側が用意するリンクやバナー素材を自身のWebサイトやソーシャルメディアへ掲載し、そこから口座開設してくれたトレーダーたちがFX取引を行うと、取引量に応じてアフィリエイト報酬が支払われるシステムです。

また、アフィリエイターを誘致してそのアフィリエイターが稼ぐと、その報酬額に応じてサブアフィリエイト収入が得られます。

FXGTアフィリエイトの稼ぎ方は主に2つ

FXGTアフィリエイトの稼ぎ方は、主に「リベート報酬」「サブアフィリエイト報酬」の2種類があります。

リベート報酬

「リベート報酬」とは、自分が紹介したトレーダーがFXGTで取引を行った際に得られる報酬で、海外FXのアフィリエイトでは最も一般的な報酬形態です。

報酬率は、獲得したアクティブトレーダー(口座開設して実際に取引を行っているトレーダー)の数に応じて変わり、1ロット(10万通貨)の取引あたり最低4ドル〜最大12ドルとなっています。

サブアフィリエイト報酬

「サブアフィリエイト報酬」とは、自分が紹介したアフィリエイター(サブアフィリエイトレベル1)が活動を行って報酬を得た際に、その報酬の10%が得られるシステムです。

また、サブアフィリエイトレベル1のユーザーが紹介したサブアフィリエイトレベル2のユーザーが報酬を得ると、その報酬の5%が得られます。

いずれの場合も、サブアフィリエイト報酬はFXGT側から支給され、アフィリエイター側から天引きされるわけではないので、紹介する側もアフィリエイターが側もデメリットはありません。

FXGTアフィリエイトが稼ぎやすい理由

リベート報酬の単価が高い

FXGTのリベート報酬は、他社に比べて頭一つ飛び抜けて高く、最高で1ロット(10万通貨)の取引につき12ドルの報酬が発生します。

競合のXMTradingが最大10ドルなので、XMよりも高単価です。

ただし、最初から1ロットあたり12ドルが得られるわけではなく、月のアクティブユーザー(実際にトレードしているユーザー)の人数によって報酬が上下します。

1ロットあたり12ドルを得るためには、アクティブユーザー50名以上を維持する必要があります。

ランク条件報酬
ブロンズアクティブ1〜9名4ドル/1ロット
シルバーアクティブ10〜19名6ドル/1ロット
ゴールドアクティブ20〜29名8ドル/1ロット
プラチナアクティブ30〜49名10ドル/1ロット
エリートアクティブ50名〜12ドル/1ロット

そもそも優れた業者だから宣伝しやすい

アフィリエイトでFX業者を紹介する際には、いかにメリットを示して興味を持ってもらうか工夫する必要がありますが、FXGTはそもそも優れた業者なので宣伝しやすいです。

FXと仮想通貨を最大1,000倍のハイレバレッジで取引できることはもちろん、銘柄が幅広い、ボーナスが充実、口座タイプが豊富などなど、宣伝材料で困ることはありません。

ただし、良いことばかりを伝えて射幸心を煽るのではなく、FXGTのデメリットやトレードの危険性についてもしっかり伝えて、信頼される発信者になりましょう。

サブアフィリエイトは不労所得にもなり得る

FXのアフィリエイトといえば、トレーダーに口座開設をさせて報酬を貰うという形態が一般的ですが、FXGTのようにサブアフィリエイトを導入している業者は珍しいです。

実際、サブアフィリエイトに取り組んでいる人はまだまだ少ない印象で、売り込み方次第ではリベート報酬よりも稼ぎやすいかもしれません。

正直なところ、トレーダーというのは気まぐれで、取引を続けてくれる人は全体の1割にも及びません。

FXGTアフィリエイトのリベート報酬では、アクティブトレーダーが居なくなると稼げなくなるため、常に新規の口座開設者を集めなくてはなりません。

その一方、アフィリエイターさんは稼ぐことに対する執着がとても強く、継続して活動してくれるアフィリエイターさえ誘致できればサブアフィリエイトによって不労所得を得ることができるでしょう。

報酬が日払いでいつでも出金できる

FXGTのアフィリエイト報酬は毎日eWalletへ振り込まれ、いつでも出金できます。

以前は毎月3日〜7日しか出金申請ができませんでしたが、現在はいつでも可能になり、2〜3日ほどで出金されるようになりました。

ちなみに、アフィリエイト報酬の出金方法は通常のトレード資金と同じで、国内銀行送金、仮想通貨、bitwallet、STICPAYなどで引き出せます。

成果のキャンセルがほぼ起こらない

ネットビジネスの中ではかなりローリスクなアフィリエイトですが、唯一アフィリエイターの頭を悩ませる問題が成果のキャンセル。

A8.netやバリューコマースやアクセストレードはじめ、ほぼすべてのASPは報酬が発生したタイミングで成果発生となりますが、その時点で報酬は確定しておらず、実際に決まるのは発生から数ヶ月後になります。

その数ヶ月間のうちに商品のキャンセルや解約等が発生すれば、当然ながら報酬もキャンセルされます。

そして、成果報酬を認めるか否かはASPに出稿している企業側のさじ加減に懸かっており、100件成約があったにも関わらず80件弾かれた!なんて事例も珍しくないのが実情です。

一方、海外FXのアフィリエイトはトレーダーが取引するたびに報酬が発生するため、「成果キャンセル」という概念そのものがありません。

自身が他人になりすまして取引したり(自己アフィリエイト)、悪質な宣伝活動を行っていた場合は支払いを止められる可能性も無きにしもあらずですが、基本的にキャンセルはありません。

FXGTアフィリエイトの注意点

自己アフィリエイトは禁止

最も気をつけるべきは「自己アフィリエイト」。

自己アフィリエイトとは、自分で自分のアフィリエイトリンクを踏んで報酬をもらう行為です。

国内のASPでは、「自己アフィリエイトOK」の案件をたびたび見かけますが、FXGTで自己アフィリエイトは禁止されています。

おそらく技術的には可能と思われますが、もしバレた場合は報酬の没収や凍結といったペナルティが課せられる場合があるため、絶対にやらないようにしましょう。

ブランド名の入ったPPC広告出稿は禁止

アフィリエイトサイトへの流入を増やす施策として、PPC広告出稿はとても有効ですが、FXGTのブランド名を使った広告出稿は禁止されています。

「海外FX おすすめ」や「FX業者 選び方」など、FXGTが含まれない集客ワードであれば、広告出稿をしても問題ありません。

報酬率を上げるには自己申告が必要

記事の冒頭で、アクティブユーザーが増えると報酬率が上がると説明しましたが、自動でランクアップはせず、カスタマーサポートへ実績を伝えて報酬率アップの交渉が必要です。

取りこぼしなく稼ぐためにも、アクティブユーザー数をこまめにチェックして、単価アップの交渉を忘れないようにしましょう。

支払われる通貨はトレーダーの取引通貨に準ずる

FXGTアフィリエイトの報酬は、日本円、米ドル、ユーロ、ビットコイン、イーサリアム、リップル、USDTのいずれかで支払われます。

どれか一つの通貨に統一できれば良いのですが、トレーダーの取引通貨に応じて異なる仕様のため、報酬の出金がやや面倒です。