【2020年版】読者が選んだ海外FX業者ランキング

bitwalletとは?できることや利点・弱点、注意点などを解説します

海外FXの入出金手段として広く浸透している「bitwallet」(ビットウォレット)というサービスについて、詳しく解説します。bitwalletを使うことによる利点、bitwalletの弱点や注意点などをわかりやすくまとめました。

bitwallet (ビットウォレット)とは?

bitwallet公式サイト:https://bitwallet.com/ja/

そもそも「bitwallet」(ビットウォレット)とはどんなサービスなのでしょう。

bitwalletは、シンガポール法人のbitwallet PTE LTDが運営しているオンラインウォレットサービスです。

国内の銀行やカード↔bitwallet↔海外FXというかたちでbitwalletを挟むことにより、bitwalletと海外FX間は原則として手数料無料となり、bitwalletの入金および出金も格安な手数料で済みます。それぞれの手続きは1~2営業日以内に終わるので、海外FXにおける入出金をスピーディーかつ格安に行うことができるのです。

もともとはe protections PTE LTDというシンガポール法人が「mybitwallet」(マイビットウォレット)という名前でサービスを提供していましたが、2018年9月よりbitwalletへ改名するとともに、運営母体がbitwallet PTE LTDへ移りました。

e protections PTE LTDは、今も昔も海外FXと日本の銀行を仲介する収納代行サービスを提供しており、長年の運営から培ったノウハウをもとにbitwalletをローンチ。開発陣やスタッフの多くが日本人なので、Webサイトもカスタマーサポートも100%日本語に対応していて、英語に不慣れな方でも安心して利用できるサービスとなっています。

bitwalletを使うことによるメリットとは

では、bitwalletを使うことによるメリットを詳しくみてみましょう。

海外FXの入出金を一本化すれば手数料を抑えられる

bitwalletを採用しているFX業者の多くは、bitwalletと業者間の入出金手数料が無料となっています。

bitwallet側には手数料が設けられているものの、bitwalletへの銀行振込は入金額の0.5%(現在はキャンペーンにつき無料!)、bitwalletから銀行口座への出金も824円と格安の手数料で済みます。

海外送金だと一件につき2,000円~5,000円ほどの手数料が掛かってしまうため、bitwalletを介した入出金はそれとは比べ物にならないほど割安。一回一回の差額はわずかなものでも、何度も入出金を繰り返すとバカにならない額です。

海外FXの入出金ルートをbitwalletへ一本化させることにより、通常では考えられないほど手数料を安く抑えられます。

bitwallet対応のFX業者間でスムーズに資金移動できる

今使っているFX業者から他のFX業者へ資金を移動させたいとき、どちらの業者もbitwalletに対応していれば実にスムーズな資金移動が可能です。

もしFX業者間の資金移動を従来の銀行送金でやろうとすると、業者から引き出すのに1~2日(海外送金だと2~5日)、その資金を別の業者へ振り込むのに1~2日掛かり、トータルで1週間近くは掛かってしまうでしょう。

そんなとき重宝するのがbitwallet。FX業者からbitwalletへの出金は原則的に1営業日以内に終わり、bitwalletからFX業者への入金は24時間365日リアルタイムに反映されるので、早ければ即日、遅くとも2~3日あれば資金のお引越しは終わります。しかも格安の手数料で。

海外FXの取引口座をいくつも持っていて、頻繁に資金の出し入れを行う方は、ぜひともbitwalletの利用を検討しましょう。

様々なクレジットカードで入金できる

クレジットカードで入金できる海外FX業者はたくさんありますが、VISAやMasterCardには対応していても、JCBやアメックスに対応していない場合があります。また、カードブランドは対応していても、カード会社や銀行側の都合で海外FXでの利用を制限している場合もあります。

bitwalletはVISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースのカードほぼすべてで入金できるのでとても便利です。

法人口座も作れる

bitwalletでは法人名義の口座も作れます。

個人口座と同じ格安の手数料で使えるので、法人名義の海外FX口座の入出金を一本化させることもかんたんです。

bitwalletのデメリット

海外FXの入出金をスマートにまとめられるbitwalletですが、デメリットもいくつか存在します。

クレジットカードでの入金手数料が高い

最大のデメリットは、クレジットカードで入金する際の手数料が高いこと。

VISAとMasterCardだと8%、アメックスとダイナースクラブカードだと8.5%も取られてしまうため、多額を入金する際は手数料が掛からない銀行振り込みを選びたいところ。

書類アップロードと本人確認に時間と手間がかかる

bitwalletは「トライアル」「ベーシック」「プロ」「アンリミテッド」の4種類のアカウントステータスが用意されています。

メールアドレスさえあれば簡単に「トライアル」の口座を作れますが、bitwalletから出金したり、海外FXへ送金するめには「ベーシック」以上にアップグレードする必要があります。端的に言ってトライアルは使い物になりません。

ベーシック以上にアップグレードするためには本人確認書類や現住所確認書類をアップロードする必要があり、必要書類を整える手間が掛かるのと、認証されるまでに時間が掛かるのが少々ネックです。

20歳以上でないと開設できない

海外FXは18歳または16歳以上なら親権者の承諾なく口座開設できる業者が多いものの、bitwalletは20歳以上でないと口座開設できないので、未成年の方は利用できません。

海外FX側の対応状況がよく変わる

海外FX側のbitwalletへの対応状況がコロコロ変わるという点にも注意が必要です。

例えば、海外FXの大御所であるXMTradingでは、当初bitwalletによる入手金が問題なく使えたものの、2019年4月を境に「bitwalletで出金できるのはbitwalletで入金した分まで」というルールに変わりました。これにより、bitwalletで利益分を引き出すことができなくなり、一気に利便性が損なわれたのです。

GEMFOREXでも2019年6月に突然bitwalletの取り扱いが止まり、未だに再開の目処は立っていません。

マネーロンダリングや脱税を防ごうという国際的な風潮から、入出金ルートへの規制が強まるのは致し方ない事態だといえますが、我々トレーダーもbitwalletに頼りすぎないという自衛策を講じる必要があるのではないでしょうか。

海外FXでどんどん浸透しているbitwallet

XMTradingやTitan FX、Tradeview Forex、HotForex、BigBoss、FBSなどなど、既に多くの海外FX業者がbitwalletに対応していて、今後もますます普及していくことが予想されます。

口座開設や書類提出の手間は掛かるものの、入出金に掛かる手数料と時間をぐーんと抑えることができるので、海外FXユーザーにとってはもはや必須のサービスといえるでしょう。

関連記事:bitwalletの口座開設方法と本人確認の手順を超わかりやすく解説